これから必要不可欠な介護福祉の専門家
c0388063_10461345.jpg

[PR]
# by westi1228 | 2017-12-13 10:46 | 介護福祉士 | Comments(0)

災害発生後、高齢者や障がい者の生活環境の確保とは!
      
私たちユニ・ハウス(自立生活住宅)研究会は、「家を人に合わせて造り、ひとが暮らしやすくなる」を合い言葉に、建築・医療・福祉関係の多方面から障害者・高齢者の身体の変化に応じた戸建住宅のトイレ・浴室・玄関等の環境構造について研究してきました。
昨年の未曾有の熊本地震により早1年が過ぎましたが、まだ多くの方々が避難所生活を余儀なくされています。高齢者や障がい者の方が安心して落ち着いて暮らせる環境になるまでには、まだまだ色々な課題が残っています。高齢者の方々は被災した上に環境変化のストレスにもさらされる事態となっており、障がい者や高齢になるほど環境変化による心身への負担が大きくなります。高齢者に使いやすく整備された環境を提供することが重要です。
 そこで今回は、排泄環境に焦点を絞り込み震災直後から皮膚・排泄ケア活動やトイレ対策に取り組まれている増田氏、福田氏の講演をお聞きして、災害後の高齢者や障がい者「災害弱者」に配慮した住まい環境や支援の取り組みについてどうあるべきか医療・建築の方々と一緒に考えてみたいと思います。
期 日:平成29年11月21日(火)19:00~21:00
会 場:くまもと県民交流会館 パレア 9F 第1会議室
「熊本地震における皮膚・排泄ケア認定看護師の活動」
熊本大学医学部付属病院 皮膚・排泄ケア認定師
                        看護師長   増田 未散 氏
        「熊本地震におけるトイレ対策」
         上益城地域振興局   予防課   福田 奏江 氏 
「災害時、高齢者・障がい者の生活環境の確保とは」
パネルディスカッション
〈コーディネーター〉九州看護福祉大学教授  西島 衛治 氏

〈パネラー〉   熊本大学医学部付属病院 看護師長   増田 未散 氏
         上益城地域振興局   予防課   福田 奏江 氏
              頸髄損傷者    作本 誠一 氏
参加費:無料(事前申し込みは不要です。)
【連絡・問い合わせ】
ユニ・ハウス(自立生活住宅)研究会事務局(熊本リハビリテーション病院内)
TEL:096-232-3111 担当 北原 浩生 E-mail:kkitahara@krh.marutakai.or.jp
       主催:ユニ・ハウス(自立生活住宅)研究会
共催:頸髄・脊髄損傷交流会/菊池地域リハビリテーション支援センター
後援:(一社)熊本県建築士事務所協会/熊本県
c0388063_9525027.gif

[PR]
# by westi1228 | 2017-12-01 09:52 | セミナー | Comments(0)

c0388063_16435059.jpg

]熊本日日新聞で掲載された九州看護福祉大学関連記事(最近)

c0388063_152402.jpg

c0388063_1555924.jpg
c0388063_1551369.jpg
c0388063_1545055.jpg
c0388063_1541815.jpg
c0388063_1535212.jpg
c0388063_15337100.jpg
c0388063_1532556.jpg
c0388063_15259100.jpg
熊本日日新聞で掲載された九州看護福祉大学関連記事(最近)

c0388063_152402.jpg

[PR]
# by westi1228 | 2017-11-29 15:06 | 大学 | Comments(0)

Kyushu University of Nursing and Social Welfare – the university opened by the people and the community.

Department of Social Welfare

Social worker, mental health care worker, nursing care worker are both national qualifications of welfare professionals. Its expertise and expertise are essential social resources for Japan that has entered a super aged society and other countries in the aging Southeast Asia. The viewpoint sought there is to respect party sovereignty (willingness of socially vulnerable people). Especially, in the 2025 issue which is approaching after eight years, it is predicted that a drastic increase in elderly people with supportive needs and dementia is required. Therefore, it is pointed out that the possibility of many citizens becoming "care for refugees". Please aim at this specialized position with knowledge and enthusiasm to open up this difficult situation.

九州看護福祉大学社会福祉学科
社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士は、いずれも福祉の専門職の国家資格です。その専門知識と専門技術は、超高齢社会に突入した我が国や今後高齢化する東南アジアの諸国にも不可欠な社会資源です。そこで求められる視点は、当事者主権(社会的に弱い立場の人の意思)を尊重することです。特に、8年後に迫っている2025年問題では要支援や認知症の高齢者の激増が予見されます。そのため、多くの国民が「介護難民」になる可能性が指摘されています。この難局を切り開く、知識と熱意のある専門職をぜひ目指してください。
[PR]
# by westi1228 | 2017-11-25 15:22 | 大学 | Comments(0)

Notice of "1st Welfare essay contest" held

October 20, 2017
We are pleased to announce the "First Welfare Journal Contest" for the 20th anniversary of the establishment of Kyushu Nursing Welfare College, organized by the department of social welfare undergraduate department of nursing welfare as follows.
We would appreciate your kind understanding and cooperation.

[Theme] About "Fukushi" and "Living" in daily life

【Example of title】
· "Grandma and me"
· "Meeting social workers" etc.

【Target】 Elementary school student living in Kyushu ~ High school student, general citizen

【Deadline】 January 10, 2018 (Tue) Postmark valid

【Application section】
· Elementary school students (about 400 to 800 characters)
· Junior high school students · High school students' department (about 800 ~ 1200 characters)
· General section (about 1200 to 1600 characters)

【Application Procedure】
· Use 400-character-filled original paper.
· First school name, school year, group name, name, contact address,
· Please list the text on the 2nd sheet.
· Limited to unreleased works.
· We do not return the submitted composition, so please bring a copy, such as copy in advance.
· Please write "Welfare essay contest entry work" on envelope and send it to the following address

【Send to】
· 888 Tomio Tamana City Kumamoto Prefecture 865-0062 888
Kyushu Nursing Welfare University Social Welfare Department Seminar Welfare Center Internal Welfare Writing Competition Office
Telephone (direct) 0968-75-1874

【Awards Ceremony, Souvenir Presentation】
· We will contact the winners on schedule etc at a later date. The commendation ceremony is scheduled to be held in March, 2018.
· After the review, we plan to release it on our website.

[PR]
# by westi1228 | 2017-11-24 16:07 | イベント | Comments(0)

c0388063_1391152.jpg
c0388063_139145.jpg
c0388063_138537.jpg
c0388063_1384165.jpg
九州場看護福祉大学精神保健福祉士の実習報告会nowd(⌒ー⌒)!
c0388063_138129.jpg

[PR]
# by westi1228 | 2017-11-10 13:09 | 教育 | Comments(0)

c0388063_1363883.jpg
菊池市社会福祉協議会と九州看護福祉大学社会福祉学科とのコラボワークショップnowd(⌒ー⌒)!
c0388063_1361619.jpg

[PR]
# by westi1228 | 2017-11-10 13:06 | 教育 | Comments(0)

プロフィール5

A Study on the Architectural Planning of Classroom for Autistic and Emotionally Handicapped Children

Abstract


NISHIJIMA Eiji


In the first chapter –Purpose and Structure, I describe the background of the study. Until now many architectural planning of classroom for handicapped children were reported, but most of them were for mentally retarded children’s classrooms. Study on the architectural planning for emotionally handicapped children has rarely reported yet.
About the purpose and the method of the study I set two hypotheses.
Hypothesis Ⅰ― The environment which is less stimulating not isolating is suitable for autistic children in order to avoid their sensory confusion.
Hypothesis Ⅱ– Educational treatment space should be adaptable with the grade of understanding. I verify these hypotheses then I want to suggest medical and educational space for autistic children and classroom plan for emotionally handicapped children.
In the 2nd chapter I describe obstacle and present condition in the handicapped children classroom and obstacle and present condition in the emotionally handicapped classroom. I also describe outline of obstacle and medical education for autistic children in those classrooms.
In the 3th chapter ― case study.
In the inspection survey I measured two emotionally handicapped children’s classrooms. they are about 7m×9m classrooms which are nearly the same size as a regular classroom. Both of the classes have three classrooms. There are a little broad playroom, a teacher’s space, a guidance room, a group study space, and an individual study room separated by using wooden fixed partition.
  In the 4rd chapter I evaluate and analyze emotionally handicapped children classroom. According to the questionnaire survey in 1980,autistic children occupied 65.6% so they are main handicapped children in the classroom. 65.7% elementary schools have one emotionally handicapped children class and 22.2% elementary schools have 2 emotionally handicapped children classes. Most of the classes are small .74.3% classes are remodeled. Among them 24.8% classrooms have wooden panels. As classroom facilities in the emotionally handicapped children class 68.8% have a playroom 56.9% have a group study room 38.5% have a staff room 27.1% have an individual study room. As educational method play therapy occupies 27.5% behavior therapy occupies 8.3% both occupy 9.3% and others occupy 21.1%. 50.5% schools consider separate education of autistic children and mentally handicapped children .As classroom circumstances there is a tendency that classrooms are separating. They want to have one individual guidance room the most and they want to have WC near the classroom . As attached spaces they want to have a closet for keeping materials and a corner for individual teaching.
In emotionally handicapped children classes the fixed number of the class size is 12 children. Mostly there are less than 8 children. The average number of the teachers is 1.3 people.
In 1982 I studied ground plan types of classrooms
1. Newly –established type(TY) and reformed type(P4)
2. Divide newly –established type into newly-built and extended built
3. Divide reformed type into five grades according to the area
4. Divide the former 3 each grade into 4 groups by method of space divide (no partition; AR partitioned by furniture ;FZ movable partition ;AC fixed partition ;PA).
Fixed partition increases with the increase of area. Possession rate of rooms at fixed partition type classroom is 122% of study room and 107% of play room . At PA5 possession rate of private room is 67% .Sink is equipped 44.7% and one side mirror is equipped 34.0%. On differentiation tendency with the increase of area emotionally handicapped room has more various rooms. Adjoining degree of each room is decided not by the number of room but by the plan.
I evaluated and analyzed educational space in emotionally handicapped classroom. The result of the evaluation by using SD method of the playroom shows that sun light , lighting fixture and ventilation are highly evaluated but size is poorly evaluated. On a correlation coefficient ,easiness of moving and convenience approachability and easiness of moving they are highly related. By principal component analysis I got “active function and friendliness “as the 1st main factor .The 2nd factor is “visual adjustment. “The 3rd factor is “environmental factor . A study room size is not so poorly evaluated as a playroom ,but it is evaluated positively evalution. Environmental evaluation is high. On a correlation, coefficient, cleanness and building style are highly related .A correlation coefficient is high among the environmental factors .The 1st main factor is “space active fanction “The 2nd main factor is “environmental factors”.
The 3rd main factor is “visual adjustment “.
I practiced factor analysis between emotionally handicapped class education and space items. Using circumstances and demand to the classroom space ,children’s handicap and educational training ,and plan pattern were dealt with by quantification method of the second type. I also analyzed from different points of view, so I obtained basic information on the architectural planning classroom for emotionally handicapped children.
To raise the validity I pursued the 2nd survey in 1983. I analyzed the result and the same tendency was verified. I pursued the survey of recent emotionally handicapped children’s class education and space in March 2000 . There are various education method now, so fixed partitions or movable partitions are used for zoning , it be comes clear that classroom space is separated .Compared to the survey of 20 years ago TEACCH program has been spread now as an educational method . In those days the program was unknown. An individual study room sometimes needs a partition . Because an autistic child can feel easy in a room with a partition.
In the 5th chapter – Experimental Study.
I set up some spaces in the classroom and I studied the learning effect of autistic children .I made an experiment to 14 autistic elementary school children at 5 places. They are 1) playroom 2)-study room 3) individual room 4) center of the gym and 5) corner of the gym. I tested sports task, physical task, and language task, then relation between spaces and task achievement was checked. Language task was achieved highly in the individual room.
Physical task was achieved highly in the playroom. Children’s concentration was lows at the center of the gym.
On the factor analysis of relation between apace and learning activity,”luminous intense” and ”astray eyes ”are highly related. Secondary frequency of leaving chair and astray eyes are highly related.
Astray eyes are often seen as a typical behavior of an autistic child. They often occur when an autistic child feels anxious.
In the conclusion I describe the importance of space planning which include structuring. In a classroom most of the children may be autistic children. But there are psychogenic socially disadaptable handicapped children or developmental disability children caused by brain damage such as learning disability children. Space planning should be considered to each handicap characteristic. Especially autistic children have the problem of space perception, so visual sign planning (way finding) is needed to help understanding .
I described the following thing as the next subject. Sensory organ handicapped child such as visually handicapped child or hearing impaired child and physically handicapped child can be specified the cause of the handicap. So the method can be put into concrete and the educational space plan is getting established . But the educational space plan for intellectually handicapped child or that for intellectually and physically handicapped child have not been established yet.
This architectural planning seeks the better plan for autistic children or developmental disability children by cooperation of architectural side and  educational side.

[PR]
# by westi1228 | 2017-11-10 10:34 | 研究 | Comments(0)

プロフィール4

「自閉症児に対応した教育空間の建築計画に関する研究-自閉症児の障害特性に配慮した空間の分化と構造化の動向をふまえて」の要旨

平成16年4月      西 島 衛 治

学校教育法第75条は、小学校、中学校、高等学校に、障害のある児童生徒のために特殊学級を置くことができる、としている。特殊学級には、知的障害学級、肢体不自由学級、病弱・虚弱学級、難聴学級、言語障害学級、弱視学級、情緒障害学級があり、それぞれ障害の種類別に入級しているが、重複障害児も在学している。
本論の研究対象とした情緒障害学級は、自閉症児親の会の活動により設置された学級が始まりである。児童の多くは自閉症児であるが、学習障害(LD)児や注意欠陥・多動性障害(ADHD)児など脳に機能障害がある児童のほか、社会的に不適応のある心因性の障害児など多岐にわたるため、情緒障害学級における教育は、他の障害児学級(法的には特殊学級と呼称されるが、本論文では、一般的に使用されている障害児学級と表現する)における教育の取り組み方とは異なる。
障害児学級教室の建築計画に関する研究は、これまで日本建築学会で発表や報告がなされているが、そのほとんどが知的障害学級教室を対象にしたものであり、情緒障害学級教室に関する建築計画に関する研究は、申請者の研究以外には現在までなされていないと言っても過言ではない。
情緒障害学級の学級数と児童数は、他の障害児学級に比較すると近年の増加率はきわめて大きい。また、情緒障害学級における中心的な障害児は自閉症児であり、したがって、この学級の性格付けに大きく影響を与えていることから、教育空間の建築計画には、自閉症児への配慮が最も重要である。
本研究は、申請者の既往研究を基に、自閉症児の治療教育空間の基本的な仮説を①自閉症児が安定する空間は、知覚の混乱を最少にするために、環境情報(刺激)の少ない環境が望ましい、②治療教育空間は、環境からの刺激の漸次的増加や段階を持たせるなどして、次第に順応させ理解できるような空間とする、とした。この仮説を検証し、自閉症児の治療教育空間のあり方やその考えを組み入れた情緒障害学級教室の建築計画の方向性を具体的に提示し、自閉症児の教育実践の場に利用できる情報を得ることを研究目的としている。
本論は、1章から7章で構成されている。
1章において、予備調査として申請者が在住する地域にある複数の障害児学級や情緒障害学級に関する調査や観察調査を行い、生活行為の分析と各空間の利用状況を述べた。調査では、学級の教室平面計画について実測し、さらに、教育空間の使われ方を把握した。その結果から、学習室(小集団用、個別用)とプレイルームの利用が多いことが明らかになった。また、専門的な障害児教育が主になっていることから、生活行為は、そのほとんどが学習であった。その学習段階において、個人の課題場面設定から集団の課題場面設定へと発展させており、それぞれの段階に応じた所要室の確保が必要であることが明らかになった。ここでいう所要室とは、学習室(個別)、学習室(小集団)、プレイルーム、相談室、研究室(教員室)、観察室、資料・準備室などである。また、空間の明確な分化が重要であり、その方法は、固定間仕切壁が主であったが、可動間仕切や家具・備品、アコ-ディオンカーテンによって空間構成の可変性能を持たせていた事例もあった。
2章において、全国の情緒障害学級の教育と空間利用に関する1次調査(1980年)の結果を述べた。ここでは、情緒障害学級の教育と教育空間の利用状況、情緒障害学級の学級数、教員数、児童数間の相関、情緒障害学級の教育と空間に関する項目間の統計処理による分析を行った。その結果、障害児学級には、治療教育方法に応じた種々の機能と構造を持つ諸室が必要であることが明らかになった。小集団学習用と個別学習用の空間設定が必要であり、運動を伴う教育のためにプレイルームが多く設けられていた。他には、専用の研究室や相談室、ワンサイドミラーのついた観察室など学級内で行われる治療教育とかかわりのある所要室が必要となる。なかには治療教育を考えた空間の設定として、学級教室内にいくつかの段階に物理的刺激を統制できる空間を設定した事例があった。これは、児童の障害特性や発達段階を考慮し、行動統制を行ない治療教育に反映させようとしているものであり、今後の情緒障害学級教室空間の建築計画を行ううえで示唆的な例であった。
3章において、全国の情緒障害学級の教育と空間利用に関する2次調査(1983年)の結果を述べ、1次調査結果との比較を行った。学級の教育・指導の現況、学級教室空間の利用現況と空間に対する要求、学級教室の平面計画の現況、学級教室内各諸室間の隣接関係、平面類型別にみた建築計画上の要点を考察した。既存の定型教室の改良型でない、障害児教育の方法に対応した「新型(専用)」教室が見られるが、この「新型」の学級教室設置校には、「新規計画型」と「定型教室踏襲型」の2つの平面類型が見られた。このうち「定型教室踏襲型」は、「新規計画型」に比べると多くの目的外の部屋を通過しなければならない。このように「新型」の教室においても依然として計画性に問題が残されていることが明らかになった。
 4章において、全国の情緒障害学級の3次調査(2000年)の結果を述べた。本章では、最近の学習形態と治療教育方法、学習形態と教室基本平面型、治療教育方法と教室基本平面型、学習形態と教室利用形態、治療教育方法と教室利用形態、在籍形態と学習形態、在籍形態と平面型、自閉症児数と平面型の各々の関係を分析し、1次及び2次調査結果との比較を行った。今回の調査では、1次及び2次調査当時はほとんど知られていなかった、新しい治療教育法であるTEACCHプログラムによる教育システムの構造化が、浸透していることを明らかにした。この傾向から今後は「TEACCHによる物理的空間の構造化」が取り入れられる可能性が高まり、空間の分化が進む可能性が明らかになった。この「物理的空間の構造化」とは、自閉症児の認知障害に対応した認知しやすい空間構成にすることである。自閉症児の治療教育では、さまざまな方法がみられ、その方法をうまく機能させるために固定間仕切りや可動間仕切りがなされている。家具によるゾーニングも多くの学級で行われており、教室空間の分化や構造化がいっそう進んでいることが明らかになった。観察室のような固定間仕切りが必要なものがあるが、個別学習室でも自閉症児の状況によっては、固定間仕切のほか、可動間仕切りや家具などによって空間を理解しやすくすることにより、児童は安定するものと推察された。
5章において、全国の情緒障害学級の4次調査(2002年)を述べた。ここでは、3次調査と同様な調査項目のほか、教室の平面図を収集し、構造化の事例を考察した。ここでもTEACCHプログラムが数多く見られ、このプログラムによる教育が必要とされる自閉症児を中心にLD児、ADHD児の発達障害児が、学級の児童数の約4分の3の割合を占めていた。
教育方法と教室の使われ方などのクロス集計にも3次調査結果と同じ傾向が見られた。また、障害児学級教室の平面図を分析したところ、TEACCHプログラムによる学習面の構造化を実現するため、家具や備品などを利用したコーナー化や可動間仕切や改修などによる固定間仕切壁の設置などによる物理的空間の構造化が見受けられた。情緒障害学級の教室は、自閉症児を主とする発達障害児を考慮した教育とそのための空間分化の工夫や空間の構造化がいっそう進められていることが明らかになった。
6章において、これまでの研究結果をもとに学習課題と設定空間の相関に関するシミュレーション実験を行い、要因分析を行った。面積が異なる5つの設定空間(面積の大きさからは体育館(中央、隅)>プレイルーム>学習室>個室の順である)別に、「運動性課題」、「動作性課題」、「言語性課題」の成功率(一定時間内での達成回数や正回答数)を比較した。その結果、学習中の同一指示回数では、最も室面積の小さい個室で少なく、室面積の大きい体育館の中央部が、他の空間に比べその回数が最も多かった。これは、空間刺激の大きい場所での学習に対する集中力の低さと関係があるのではないかと考えられた。課題別には、特に「言語性課題」において個室での成功率が他の空間よりも良好になっていた。このように空間の形状や大きさ、家具や備品などの空間的刺激の大きさが課題の成功率に影響することが明らかになった。
7章において、TEACCHプログラムによる空間の構造化の事例を考察した。高機能自閉症児のための治療教育での観察により、TEACCHプログラムによる教育と空間場面の構造化による効果を見た。例えば、スケジュールを提示し、各部屋との関係を視覚化したところ、自閉症児の空間認知が高まり、自閉症児とスタッフとのコミュニケーションに効果が見られ、安定した状況がうかがえた。また、TEACCHプログラムによる自閉症児のための教育の構造化と教育空間の構造化を実践する学校を調査し、構造化の状況や空間の段階性などの分化傾向の実情を確認した。ここでは、具体的な構造化により顕著な教育的効果をあげていることが明らかになった。ここでの構造化とは、スケジュールボードの表示の方法のほか、トランジッション(中継地:活動の移行地点)エリアでのサイン提示と他のワークエリア、プレイエリア、スナック(食事)エリア、トイレでのサイン提示とのマッチング(一致)による認知であった。この構造化の方法は、教室の空間構成を自閉症児にとって理解しやすいものにしていた。
結論において、総括と検証及び自閉症の教育空間の建築計画について述べた。情緒障害学級の教育と教育空間に関する事例研究と全国調査とシミュレーション実験の結果をもとに情緒障害学級の教育空間の建築計画に関する要点を示した。教育空間の建築計画では、自閉症児の教育空間のエリア設定方法、既往研究と自閉症の教育動向、構造化された教育に基づく物理的構造化、自閉症児のための教室の建築計画、レベルに合わせた個別化された構造化、教室内のエリア設定で検討する条件、机上課題エリアの検討、境界エリア設定の方法、自閉症児の発達段階別の教室空間のダイヤグラムを提示した。また、空間と行動との一致性や自立学習空間、1対1学習空間、少集団学習空間の典型的な事例もあげた。
これらの一連の研究成果は、今後の自閉症児のための教育空間の建築計画を行ううえで十分に利用できるものと確信する。

c0388063_15133318.jpg

[PR]
# by westi1228 | 2017-11-10 10:30 | 教育研究 | Comments(0)

プロフィール3

下記は、2006年6月に台湾国立雲林科技大学における国際学会で発表した論文(中文)を掲載(2006全球化時代的經濟・管理暨社會・國際研討會論文集(ISBN986-00-5455X)、會議地點:台湾国立雲林科技大學國際會議廳、會議日期:2006年6月)



关于对广泛性发展障碍者的困难感的社会支援的方法之研究
---以高机能自闭症当事者的手记为切入口的无障碍化(构造化)---
日本 九州看护福祉大学大学院 西岛 卫治

本论文为解决广泛性发展障碍者(儿)的“困难感”作为支援方案、提出建议为目的。即如何创造出更好的社会关系性、如何能创造出都容易生存的环境和社会等,使当事者能在当地社会生活下去的支援活动得到发展。通过作出记入生活上的难点和特征的调查表(人际关系、社会性环境、物理性环境、感觉等的项目),记录高机能自闭症当事者的手记的困难点,整理、比较出了当事者的独特的世界观和个性。另外,还表明自闭症障碍的特征与社会协调性及建筑上的人性化的关系。

关键词:广泛性发展障碍者(Pervasive Developmental Disorders)、高机能自闭症当事者(High Function Autistic Disorder)、构造化(Structuring)、无障碍化(Barrier-free)、困难感(Difficult feeling)

1、背景和目的

在电视、报纸、书籍中,关于自闭症的报道和论述不断增加。特别是高机能自闭症当事者、高机能自闭症症候群注1)当事者的亲笔手记1)―14)被大量出版。通过这些手记,可以发现高机能自闭症当事者及包括高机能自闭症症候群的自闭症序列体注2)(广泛性发展障碍注3))具有独特的“世界观”和“文化”注4)。并且在社会生活当中,广泛性发展障碍当事者感受着形色的“困难感”。从这个背景出发,存在把问题扩大到“2次障碍”的情况,以理解广泛性发展障碍者( 儿)独特的世界观和文化为背景,为解决广泛性发展障碍者(儿)的“困难感”予以援助而提出方案为目的。即如何能建起更好的社会关系性、如何能发展成与定型发展者都容易生活的环境和社会等等,使该当事者在地域社会能够生存的援助也得到发展。在福祉性方面于2005年4月实施了“发展障碍者支援法注6)”,教育性方面从2007年开始在全国范围内实施“特别支援教育注7)”。从这一点来讲,支援的需求更加高涨。

2.方法
以高机能自闭症当事者及包括高机能自闭症症候群在内的广泛性发展障碍的特性和生活上的“困难感”为内容,制作了记入他们生活上的困难点和特性的调查表(人际关系、社会性环境、物理性环境、感觉等项目)。以此为基础,通过高机能自闭症当事者及高机能自闭症症侯群当事者的手记(著书、互联网的HP)记到调查表中,进行整理、比较当事者独特的世界观和个性。还通过参加“高机能自闭症治疗教育宿营”,切身体验了与高机能自闭症当事者及高机能自闭症症侯群当事者的交流。另外,还观察、了解了高机能自闭症症侯群当事者的朋友。通过这些方法,希望探求到如何做能对社会关系性中的当事者的“困难感”起到帮助作用、如何能形成双方都容易生存的环境和社会。这次特别地就“困难感”的分析和支援的方向性作以报告。
1)分析的对象、事例
被用于分析的事例1)—14)是以高机能自闭症等的手记及其所开设的互联网HP15)16)17)和著书等自闭症当事者的事例(手记)等为基础,在综合的分析之上考察的。
2)分析方法
在记入自闭症的特性和生活上的困难点的调查表中,把“社会性环境”和“物理性环境”等更细分化。以当事者所公开的互联网HP、著书等自闭症当事者的事例(手记)为基础记入调查表中,整理、比较出当事者的独特的世界观等个性。从那里找到针对当事者感受到的“困难感”的援助和社会性服务的方法。

3.分析结果
运用调查表进行分析的结果表明,自闭症具有独自性(个性),各自拥有独特的世界。由于周围的社会没有理解那种个性,或是误解,使当事者们碰上了各种各样的困难和问题。
首先在交流中,自闭症者(儿)不擅长理解对方的表情,也不擅长从外表解读感情。由此容易被周围的人误解,以至于被欺负。对方好意做的事情没能被理解成好意也会导致被欺负。还由于不擅长解读对方的表情和感情而被误解,容易上当受骗。在交流技法上,具有独自性(个性),喜好孤立,不擅长集体活动,时常感到与他人交流困难。
其次,是发怒方面。由于感觉过敏和不擅长应对情况的变化,一旦遇到那种情况,容易发怒。发怒时任凭感情,摔东西、暴跳如雷。由此容易被周围的人误解成“礼节不好的人”、“任性、随心所欲的人”、“爱惹是非的人”等等。自闭症儿好奇心旺盛,热衷于自身的世界,并且对不理解的社会感到困惑,不理会周围情况。其结果,常常被周围认为“自身人性”。被批评的时候,虽被批评,但不理解,随风而过。由此有时也被误解为“不听话的孩子”。
再次是医疗养育和学校教育方面。对自闭症的医疗养育的场所及自闭症当事者所想要的医疗养育方法似乎还没有浸透。学校教员对自闭症的认识还很肤浅。自闭症自我发现晚,也存在难于早期发现的问题。学校也同样难于认知,所以个别性对应措施少,现在的教育体系(集体指导)难于适应。
最后使就业问题。工作单位整体对自闭症的认识还很低。也可以说,社会全体对自闭症的认识较低,似乎就业机会也不充分。
另外,由于认知的障碍,很难适当理解物理性(以建筑为主)环境。特别是对当事者的环境部署有不懂的地方。
以上的问题点归纳如下。
① 交流方法具有个性,不擅长集体行动,很难与他人取得交流。
② 如果不伴有智力障碍的话,很难早期发现。并且医疗·医疗保育环境得不到很好利用。
③ 对其独自性,周围的人抱有嫌弃感。
④ 听信表面的话,看不到事情的本质,易遭欺负,易上当受骗。
⑤ 各种感觉灵敏,对突如其来的状况反映迟钝,易恼怒。
⑥ 存在学校教员对自闭症的识别能力低的倾向,很难被正确理解。
⑦ 医疗保育的地方还少,医疗保育的方法还没有很好浸透。
⑧ 关于就业环境,社会全体对自闭症的意识和认识还很低,所以就业机会也不充分。
⑨ 由于难于理解物理性(建筑性)的环境,造成混乱的时候也有,所以对教育、工作难。
不过,以上的障碍特性和困难感的倾向虽有共同点,又各自具有特性,各有强弱及要因。
4.对自闭症儿的社会生活中的“困难感”支援方案
关于①、⑦,通过个别指导等适当的医疗保育方法能够得到改善。熊本就有数家医疗保育中心。其中的K医疗保育中心作为培育孩子支援的一环进行了语言医疗保育(个别指导)。语言医疗保育(个别指导)当然关于语言的迟钝等的指导也不例外。通过孩子们喜欢的游戏,要求的传达方法和表现方法、培养交流能力。为了让孩子们感到高兴、精神集中、专心致志,进行什么样的指导、什么样的教材和玩具起作用,通过持续的相互关联,进行指导,能够挖掘出孩子们的潜在能力。像这样,利用医疗保育中心,通过接受适当的指导,孩子们能够提高交流能力和掌握适当的医疗保育方法。所以我认为有必要迅速增加医疗保育中心。正如每个人都有个性一样,医疗保育方法也因人而异。医疗保育的效果存在容易受每个人的障碍程度、年龄、家庭环境等许多原因限制的倾向,适当地分清包括合乎本人的医疗保育方法和水平等在内的个别性相当重要。另外,与定型发展者的交流方法不一样,但也能读懂当事者的言语和问候。周围的人说话放慢一点、短一点,把要表达的事情转换成照片、图画形式,通过运用视觉性的表达方式的“构造化”这一援助手段,当事者也便于理解,也能掌握说话的内容。医疗保育援助中重要的是对孩子的援助自不必说,对其家属的身心的介护也很重要。不是保护者一个人苦恼,区域内所有的人一起培养下去这一令人安心的环境大有必要。
关于②,由于误诊造成终身痛苦的当事者较多,这就要求早期诊断务必准确。通过更早、更准确的诊断,使其尽早接受早期医疗保育,早早掌握“培养能力”、“生存能力”。早期诊断周围人的对处也不同。这样,早期发现、(早期诊断)·早期医疗保育在更好的环境下生活下去大有可能。被诊断后,也有必要进行定期观察。
关于③,周围人的理解和支持能够达到改善的效果。自闭症儿者的特点就是障碍的特性,也是自闭症儿者的个性。而且视觉和感觉特别灵敏的多,好像痴迷于自己的世界似的,就其特点,其本人有着独特的原因为多,所以我认为有必要创造使其充分发挥敏锐的感觉和独特的才能的环境。为此,身边的家属自不必说,与本人有接触的所有的人充分理解自闭症,给以温暖的支援非常重要。具有创造舒服的感觉之特性的自闭症儿者通过身边温暖的支援和理解、温和的环境,发挥才能、取得成功的事例屡见不鲜。为了提高地区内的理解、在地域内扶植自闭症儿者,有的团体采取可了如下的具体活动。札幌自闭症儿者家长会,做出“自闭症者为难的时候请给以帮助”宣传单,发到各地区、警察署等,采取各种方式来提高全区域的理解。这个宣传单以图画的形式、任何人都简单易懂地说明了自闭症的特征及处理方法。
关于④、⑤,与③一样,通过身边的人的理解可以达到改善的目的。自闭症儿者具有不怀疑人、感觉敏感、不擅长对突如其来的情况的处理之特征。对于这样的障碍性特性,周围的人应充分理解、予以体谅。学校、地区活动中,很有必要增加了解自闭症的特性的场所和机会。
关于⑥,应该通过充分地培养出专家、确保学校教员的专业性来加以改善。这一点在发展障碍者支援法中已明确规定,刻不容缓的大事之一。由于学校的老师没有关于自闭症方面的知识、认识等,被认为是“专出问题的孩子”,使其遭遇到各种各样的困难,这样的经验者不在少数。有必要在全国范围内创建出包括自闭症在内的、关于发展障碍的研修的关键性系统和专家的培养。
最后,关于⑧,在工作培训的专业性指导下,通过在事业主或公司工作的人们的理解和支持及确保就业机会能够得到改善。其实也有像“自闭症者的就业支援手册”26)、“事业主的自闭症者雇用指南”27)等为了获得周围人们的理解、非常简单易懂的手册。自闭症者的劳动愿望非常强烈,身边的人稍稍给与理解就能够得到充分的就业环境。其实,自闭症者在西餐馆的厨房、超市的物品陈列、干洗、楼房清扫、数据输入等各行各业的职种中都有出色表现。自闭症者在构造化、具有一定程度反复性的工作中最容易取得成果。适当地为他们着想一些,使其各自有各自的工作,对社会会做出贡献的。
今年的4月,发展障碍者支援法得以实施,确保包括自闭症在内的发展障碍者的就业机会有望增加。作为障碍者职业中心也为确保障碍者的就业机会积极地行动起来。
现在,熊本县内到发展障碍者支援中心的商谈者激增。特别是高机能自闭症症侯群当事者的商谈、学校老师的咨询增多,可以认为,最近当事者自身的认识发生变化,相关者的认知度有所提高。
⑨建筑上的构造化方面,对自闭症障碍特性的对应及建筑上的人性化体现出了自闭症的
障碍特性及其对应措施和建筑上的人性化的关系。
“概念形成的困难、抽象性理解的困难”的解决方法可以通过看事物、照片、图画等的情报来理解。作为建筑上的人性化进行视觉性构造化(以具体的事物重新构成意思可以理解的建筑环境。例,way-finding 的运用)。
“社会关系的困难·冲动抑制的困难”的解决方法适当地为能解决不安和发怒而减少环境情报。作为建筑上的人性化可以设置低刺激室、等候室等,又称作暂停室。
“语言、交流的困难”的对策不用语言指示,而采用提示图片卡等视觉性情报。建筑上的人性化图片卡设置在易见处,图片卡以外的情报限制使用。
“制定活动的目标和计划的困难”的对策是把计划表设置在最易见的地方。作为建筑上的人性化,情报的顺序由上之下、由左至右设置。表示计划表的位置。在生活的起点设置中转地。
“声音等的听觉刺激的选择和理解的困难”的解决方法是视觉性情报优先。为了表示特定的声音唤起很强的关心,应考虑声音环境。另外,教室的噪音有时会引起发火。建筑上的人性化有时教室的椅子移动时发出的声响导致混乱。这就需要想办法在椅子腿的端部能消音。有必要想办法控制教室内的声响以外的、来自外部的声响。
“视觉情报的局限性和正确的记忆”的对策就像“只见树木不见森林”一样,限定于局部的视觉性情报能够正确认识。从建筑上的人性化来讲,由于身边的复杂的情报一多就混乱,所以像教材等只提示有数的限定的情报。
“记忆处理的困难”的对策是,由于不擅长从记忆的情报中选择、归纳,通过视觉性手段能够理解。从建筑上的人性化来讲,提倡挑出在其房间里的行为必要的条件所限定的教材、道具、签字等,能够单独地处理记忆情报的提示方法。请表示多样的签字。处理能力根据个人具有差别。
“修得的能力和行动的一般化的困难”的特征是在特定的房间修得的能力在其他的房间发挥不了,做不到类似行为的一般化及应用。运用认知行动疗法等,能使其达到应用状态。作为建筑上的人性化,开始先使行为和场所一致,使其理解在那个房间应做的工作。随发展阶段的变化,运用模拟体验等方法,达到应用状态。这样一来,就形成阶段性空间构成,做出与可变性和阶段性相对应的空间计划。可考虑移动式房间隔断、导入家具等的可能性。
“自由时间的使用方法的困难”的对策是开始时使其理解计划表,生活按着时间计划进行。连休息时间也重新规定。喜欢玩的事(电脑游戏)学完后给以表扬。从建筑上的人性化来讲,不设计成多用途房间,数码表对有的儿童难以理解,知道时间的经过机械表为好。这样还困难的话,沙子表等视觉性地使其明白时间的经过。
“情报选择的困难”表现在对教师外的动静感兴趣,学习不集中。这种状况下,其解决方法是根据需要把情报的种类和情报量降到最低限。按发展阶段适当增加情报的质和量。从建筑方面来看,窗、镜子等与学习无关的刺激尽量减少,换成窗帘、遮阳窗等看不见外面的东西。用可动隔断、可移动架子等进行阶段性构造化,以带来情报量的阶段性。用收藏式家具把暂时不需要的教材收拾起来,让他看不见。经常更换地板、地毯的颜色,明示其行为的范围。
不过,这些针对自闭性障碍者的建筑上的人性化作为一种倾向来考虑,具有特性,应充分考虑个别的状况,因地制宜。
以发展障碍者支援法(平成17年4月1日实施)为契机,目前期待着对包括自闭症在内的发展障碍者的支援更加充实。一般社会人自不必说,倾听当事者的心声更为重要。
5.总结
从调查表的分析等总结出如下问题。①交流技法上具有独自性,与他人的交流有困难的比较多。②易受骗,容易被欺负。③由于感觉过敏,难于适应环境的变化,易发怒。④医疗·医疗保育的环境没有得到充分利用。⑤早期发现困难。⑥身边的人对其独特性抱有嫌恶感。⑦自闭症者所需求的医疗保育方法没有浸透。⑧社会全体对自闭症的意识和认识低,就业机会不充分。⑨对建筑环境的理解的困难。
关于①,通过接受重视个性的、恰当的医疗保育方法可以改善。为了培养交流能力,通过进行社交艺术的培养和对社交场面设定来提高交流技术。他们的对话方式与定型发展者不一样,但能领会当事者独自的言语、问候等。再加上身边的人说话慢一些、短一些,把事物转换成照片、图的形式,视觉性的表达出来,等等,通过进行“构造化”的支援,当事者容易理解,说话内容也容易把握。
关于②、③,通过获得身边人的理解可以改善。因为不知道怀疑人和感觉上具有特异性是障碍的症状,所以关于这些方面,定型发展者应该充分理解,给与关照。在学校和地域内也应该多安排一些机会来了解障碍的特性。
关于④、⑤,由于误诊,造成至成人留下痛苦的回忆的较多,所以要求早期诊断要正确。确诊的越早,身边的对应就不同,就越可能在更好的环境中度过。确诊后也有必要定期观察。另外,医疗保育的效果容易受每个人的障碍的程度、年龄、家庭环境等种种因素影响,所以很难说对所有的人都有效果。包括适合本人的医疗保育方法、水准,适当地区分其特性很有必要。
关于⑥,可以说需要周围的理解和支援。在拘泥方面有障碍的特性,并且其本人有其本人拘泥的理由,再加上有的视觉和听觉出色,埋头于自己的世界的较多。所以希望很好地发挥他们的特异的才能和敏锐的感觉。为此,包括身边的家属、与本人有接触的所有的人要充分地理解,给与温暖的支援。具有创造良好感觉的环境的障碍者依靠周围的支援,伸展才能、取得成功的事例也有。
关于⑦,由于不擅长把握社会关系性,作为掌握社交技巧的方法,有的运用设定社交场面。新的行为之前,有必要用图和视觉详细地说明理由。如果是孩子,来自环境的冲击强烈,容易发怒。清楚地把握什么时候、什么场合发怒,提出预防措施(自己掌握一定的节奏、确保一个人的空间等)。如果是支援2次障碍的当事者的话,对当事者要不断地、下意识地给与“赞赏”以提高其自尊感。
关于⑧,通过在工作培训的专业指导下,获得事业主、在公司工作的人们的理解和支持及确保就业机会能够得到改善。
关于⑨,建筑方面的无障碍化(构造化),通过基于自闭症的障碍特性的构造化,简单易懂地整理、再构成物理性环境的情报,使当事者能够理解。

注)
注1)最近高机能自闭症、高机能自闭症症侯群经常被列入话题,但高机能自闭症的概念还没有清楚地被下定义,所以研究者的定义各不相同。不过指的是IQ在70以上的为多。高机能自闭症症侯群与高机能自闭症的差异在何处也被研究着。至少依据英国自闭症协会的观点,没必要把这些严密地区别开来,把高机能自闭症和高机能自闭症症侯群统一概括为自闭症序列体的高机能型。
注2)自闭症序列体是英国的罗纳·威提倡的概念。“序列体”就是连续体的意思,从重度的自闭症到高机能自闭症·高机能自闭症症侯群,把它当作一个连续的障碍来考虑。也就是当今的话题是关于高机能自闭症序列体是把高机能自闭症和高机能自闭症症侯群概括起来考虑的。自闭症序列体的3要素:如果专家说是高机能自闭症型,作为它的对比,脑中应有的概念是加纳型,加纳提出的自闭症的概念是比较重度的自闭症,他提倡的自闭症的特征是极端的孤立和同一性的保持,被以社会性和交流的障碍、特殊之形式继承为以后的国际性的自闭症定义(DSM、ICD)。加纳考虑的重度自闭症也好,阿斯佩鲁贾考虑的轻度的自闭症也好,缺乏社会性、交流、思考的柔软性这3要素却是共通的。而提出这3要素的是威,把在社会性、交流、想象力(特殊)这3个领域共同具有障碍的称为自闭症序列体。
注3)广泛性发展障碍(Pervasive Developmental Disorders):自闭症障碍(Autistic Disorder)、广泛性发展障碍是美国精神医学会诊断手册第4版(DSM-IV)、WHO国际疾病分类第10版(ICD-10)所采用的概念,是以在交流、人际关系等方面有障碍为特征的发展障碍。这是把自闭症以外的、类似于自闭症的社会性的、先天性的障碍作为一个群体称作“广泛性发展障碍”。(“高机能自闭症症侯群和高机能自闭症”)。莱奥·加纳博士是美国的儿童精神医生。据说是他最早把行动起来表现出不考虑与周围人的关系为特征的孩子们命名为“情绪性接触的自闭性障碍”,1943年。
*“高机能”意思是智慧发展不滞后。
注4)由于发展障碍是因自闭症的脑机能障碍引起的,世界的认知与定型发展者不同,主要表现在价值观和关心上,具有独自的文化。
注5)无障碍的发展
注6)第一个支援发展障碍者的日本法律。
注7)障碍儿在通常的学年接受教育,支援方法尚需研究。

引用文献
1. 文迪·罗森(著)尼克·林科(译)杉山登志朗(解说)《我的障碍,我的个性》花风社、2001年。
2. 古尼拉·伽兰德(著)尼克·林科(译)《一直想成为“普通”》 花风社、2000年。
3. 肯尼斯·豪尔(著)野坂悦子(译)《我的高机能自闭症症候群~再多了解一些吧,我们的事~》东京书籍、2001年。
4. 特普尔·古兰丁&马格莱特M.苏卡利诺(著)坎宁哈姆久子(译)《先天生我自闭症》学习研究社、1994年。
5. 多纳·威廉姆斯(著)河野万里子(译)《献给自闭症的我》新潮社、1993年。
6. 多纳·威廉姆斯(著)河野万里子(译)《心的礼物~续·献给自闭症的我~》新潮社、1996年。
7. 多纳·威廉姆斯(著)河野万里子(译)《多纳的结婚~献给自闭症的我~》新潮社、2002年。
8. 森口奈绪美、《变光星·自闭少女看到的世界》花风社、2004年。
9. 藤家宽子《想变成另外一个人 ~多重人格中醒来的自闭少女的手记~》花风社、2000年。
10.泉流星《生在地球的外星人自闭者,活在日本》花风社、2000年。
11.森口奈绪美《变光星》花风社、2005年。
12.森口奈绪美著、杉山登志朗、辻井正次、内山登纪夫解说《变光星·自闭少女看到的世界》花风社、2004年。
13.尼克·林科·藤家宽子《自闭儿如此诞生!》花风社、2000年。
14.尼克·林科《我行我素!自闭不能神速治愈》花风社、2000年。
15.http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Cassiopeia/8331/:自闭症纳言、2006/
16. http:// home.h03.itscom.net/index/top.html:高机能自闭症之屋、2006。
17.http://www.ayakata.net/:高机能自闭症之馆、2006。
18.西岛卫治《关于面向自闭症儿的教育空间的建筑计划之研究》〈为自闭症的障碍特性着想的空间分割及构造化的动向〉博士论文、日本大学理工学部、2004年12月。
19.西岛卫治<关于广泛性发展障碍者在社会生活中的困难感的支援对策〉日本社会福祉学会第53次全国大会、2005年10月、P167。
20.西岛卫治《图解·自闭症儿的教室构造化—为特别支援教育的教室建设及实例—》小林出版、2005年11月。
21.http://www.autism.or.jp/autism05/rainman20040508.pdf、日本自闭症协会自闭症手册、2005。
22.http://www.nucl.nagoya-u.ac.jp/~taco/aut-soc/rainman/autismQA-j.html、新自闭症手册自闭症Q&A、2005。
23.http://www.autism.or.jp/report/20021226 17th-1htm、日本自闭症协会 关于自闭症的判断基准、2005
24.http://www.autism.or.jp/report/mediaguide/isikichousa.pdf、日本自闭症协会对自闭症者的意识调查。 
25.http://www.nucl.nagoya-u.ac.jp/~taco/aut-soc/rainman/poplar-police/index.html
新自闭症手册 警察发放传单、2005。
26.http://web.kyoto-inet.or.jp/org/atoz3/ask/seimenki/shurou-p/pamphlet.html、新自闭症手册自闭症者的就业支援小册子、2005。
27.http://www.nucl.nagoya-u.ac.jp/~taco/aut-soc/rainman/empioyguide.html、新自闭症手册面向事业主的自闭症者雇用指南、2005。

参考文献
1.砚川真旬《国民福祉辞典》金芳堂、2005年。
2.森口奈绪美《变光星》花风社、2005年。
3.泉流星《生在地球的外星人》花风社、2004年。
4.尼克·林科《我行我素!》花风社、2005年。
5.尼克·林科·藤家宽子《自闭儿如此诞生!》花风社、2004年。
6.西岛卫治<关于广泛性发展障碍者在社会生活中的困难感的支援对策〉日本社会福祉学会第53次全国大会、2005年10月、P167。
7.http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Cassiopeia/8331/:自闭症纳言、2006/
8. http:// home.h03.itscom.net/index/top.html:高机能自闭症之屋、2006。
9.http://www.ayakata.net/:高机能自闭症之馆、2006。
10.西岛卫治《关于面向自闭症儿的教育空间的建筑计划之研究》〈为自闭症的障碍特性着想的空间分割及构造化的动向〉博士论文、日本大学理工学部、2004年12月。



[PR]
# by westi1228 | 2017-11-10 10:29 | 教育研究 | Comments(0)

プロフィール2

c0388063_14315323.jpg
c0388063_14314440.jpg
c0388063_14301681.jpg
c0388063_14305100.jpg
c0388063_14295283.jpg
c0388063_14293617.jpg
c0388063_14105344.jpg
建築作品事例(設計計画・監修:西島衛治)
ブログ:バリアフリーマップの構造化   http://blogs.yahoo.co.jp/westi1228
ブログで下記の住宅事例の写真や図面が見れます
1980年代
1. 春日のセンターキッチンオープンスペースの家
2. 菊陽病院重症心身障害児棟
3. 障害者福祉工場(薄場のソーメン工場計画)
4. 大津町立護川小学校バリアフリーアドバイス
5. 高齢社会の「蔵の家」(1999)
c0388063_14282771.jpg

 加齢住宅は、可変性能や機能があれば、家族の状態や介護体制の状況、要介護者自身の身体機能状況の変化や重度化にも対応できます。
c0388063_14305998.jpg

 介護保険制度は、在宅を視野に入れた制度ですので、可変性能を持つ介護住宅が求められるわけです。
 高齢社会の新築住宅の場合、先の機能を備えた便用目的転換型の設計にしたいものです。
c0388063_14292192.jpg


6. 清和村在宅介護支援施設「花高原」の基本計画(1999)
 旧清和村の廃校になった小学校校舎を高齢者福祉施設(ケアハウス「花高原」)に改造
 空き教室や廃校の再利用事例
7. 川尻町屋のバリアフリー(2000)
c0388063_14313328.jpg

• 今回報告する改修住宅は、築65年を経過した木造の在来工法(軸組工法)によるものです。
• これまでの木造の在来工法は、住宅内に敷居など段差があり、床高が一般に450mmほどになっており、上がり框にも数段の段差があります。
• また、畳を基準としているため、廊下幅が狭くなり車いすでの移動に支障がでてきます。階段幅も750mm程度になり、これまでは建築基準法上、手すりの設置ができないことになっていました。
• 最近、特例としてこのようなケースも許可されるようになりました。
• さらに、浴室などの水まわりにも段差があり、このように在来工法の木造住宅は、バリアフリー化には適さないものと一般にはとらえられていました。
• 今回は、この在来工法の住宅を要介護高齢者の身体状況に合わせて改修を行い、対象者の身体状況の変化をケーススタディすることで、在来工法(軸組工法)のバリアフリーにおける可能性を明らかにします。
• 今回の対象である要介護高齢者の娘さんからの依頼でバリアフリー改造に取り組むことになりました。
• 対象者であるMさんは、大正14年(1925年)熊本市生まれ、2001年10月現在75歳の女性です。若いころから地域活動に熱心で、三味線など趣味も多彩な方です。
• 平成10年5月にくも膜下出血で入院後、水頭症で2ヵ月間、意識不明状態が続きました。
• 同年7月には手術後に意識が回復し、その後自宅近くの老人保健施設に人所してリハビリテーションを受けました。
• ところが入所中に骨折し、車いす生活になりました。また、脳血管障害による軽い痴ほう症状も表れました。
• その後、ひどい麻痺はないものの両下肢の障害があり、歩行困難でした。
• 老人保健施設でリハビリテーションを受けながら意欲的に家庭復帰を目指したため身体状況が改善しました。
• 改修工事に着手したのは平成12年2月初め。
• 手始めに自宅で居宅介護支援事業者の2人の介護支援専門員(理学療法士と看護師)、在宅介護支援センターの社会福祉士、一級建築士、工事担当者の参加で、本人と家族に協力いただきながら手すりの取り付けの位置決めなど細かいバリアフリーを検討しました。
• 本人の介護保険の要介護度は、当時3レベルです。
• 同年3月末には改修が完了し、入居しました。
• その時、日常生活用具給付事業で車いすを導入しましたが、その後、本人の心身状況が向上し、手すりによる歩行が可能になって、痴ほう状況も改善されました。
• 改造前の住宅は、町家にみられる中央の土間を挟み2棟が渡り廊下でつながっていました。
• そこに下屋を被せ一体にし、土間を玄関と要介護高齢者の居室としました。玄関と居室の上部には、トップライトを設け明るい室内となりました。
• 玄関の出入り口は、スロープ、引き戸とし、上がり権には段差解消機を計画しました。実際は、車いすより歩行器が適切ではないかと理学療法士とも確認しましたが、入居前には伝い歩きが可能になったため、手すりによる歩行が可能になりました。
• 2段の段差(蹴上げ180ミリ)を「置き階段」で均等な蹴上げ(120ミリ)の3段とし、楽に上がれるようにしました。
• 移動に使うドアは、すべて800ミリ以上の有効幅を持つ引き戸にしました。
• 来客が好きな点も考慮して玄関近くに居室を配置したため、訪問介護のアクセスが良好で家族のプライバシー面でも貢献できました。
• 手すりは、斜め手すり(玄関)が1カ所、水平手すり(居室1、トイレ1、浴室2)が4カ所、L形手すりが1カ所(トイレ)、縦手すりが14カ所になりました。
• 手すりの設置前には必ずシミュレーションを理学療法士、社会福祉士、建築士などと確認しました。
• 現在では車いすを便用することなく自立生活が可能になり、訪問リハビリテーションを介護保険で利用しています。
• 介護予防をしながら将来の重度化での車いす使用への移行を視野に入れた設計であり、可変性の配慮を行っています。
• 今回は、要介護高齢者のADL(日常生活動作)をふまえた生活を住宅改修で支援し、QOL(生活の質)の改善を試みました。
• その結果、かなりの自立化が可能になることがわかりました。
• また、在来の軸組工法の持つフレキシビリティを応用することでシミュレーションの可変性能が高くなり、要介護高齢者の自立支援に空間的貢献が可能になりました。

8. ユニバーサルーな緑の家(2001)
• 和室での生活を可能にするため、車いすから乗り移れる高さの床の間を設置した例です。
• この建築主は、現在は健康(テニスは日課)ですが、車いすでの生活を含めた将来の万一のリスクにも対応した設計を依頼されました。
• 自然素材(和紙やしっくい)ノンホルマリン建材(県産むく材やF0合板)を用いた健康で環境によい住宅にしています。
• 先ほど述べた住宅内事故は、寝たきりや痴ほうにつながりやすいのです。
• また、脳血管障害にもいつなるかもしれません。
• 後期高齢期になると痴ほうの可能性も高くなります。
• そのための「自立生活保険」としての「バリアフリー住宅」の早めの導入がこれからの在宅中心の高齢介護社会には必要です。


c0388063_14545940.jpg
c0388063_1455851.jpg

[PR]
# by westi1228 | 2017-11-10 10:26 | 教育研究 | Comments(0)

c0388063_1463377.gif
2011年現在(更新日2011年1月6日)

西島衛治1950年 熊本市生まれ
1976年 日本大学大学院博士前期課程修士論文 「盲・聾・養護学校寄宿舎の建築計画に関する研究」
1981年 日本建築学会九州支部研究助成 「心身障害児・者の生活環境(空間)の計画」に関する研究
1982年 文部省科学研究補助(奨励研究A) 「心身障害児・者の生活環境(空間)の計画」に関する研究
1985年 文部省科学研究補助(奨励研究A) 「心身障害児・者の生活環境(空間)の計画」に関する研究
1988年 財団法人電機通信共済会研究助成 「心身障害児・者の生活環境(空間)の計画」に関する研究
2004年 日本大学大学院理工学研究科論文審査、博士論文「自閉症児に対応した教育空間の建築計画に関する研究-自閉症児の障害特性に配慮した空間の分化と構造化の動向をふまえて」
最終学歴1976年3月 日本大学大学院博士前期課程修了

学位・資格:博士(工学)、一級建築士、高等学校教諭一級(専修)免許、学校心理士、認定心理士

職歴(専任講師・兼任講師)熊本工業大学、
西日本リハビリテーション学院、第一工業大学、佐賀医科大学、尚絅短期大学、国際医療福祉大学

現職:九州看護福祉大学大学院精神保健学専攻教授
九州看護福祉大学看護福祉学部社会福祉学科教授
国立病院機構熊本医療センター付属看護学校非常勤講師
大川看護福祉専門学校看護学科非常勤講師
九州中央リハビリテーション学院非常勤講師
担当科目:社会福祉学科:・ボランティア論・福祉環境工学Ⅰ・福祉環境工学Ⅱ・人間工学
・社会福祉特論・福祉施設計画・社会福祉特別演習Ⅰ・社会福祉特別演習Ⅱ
・卒業研究論文 ・家政学Ⅲ(住居)(介護福祉士コース)


大学院精神保健学専攻:・精神保健住環境論・生活環境支援論・社会精神保健学特論Ⅱ
・社会精神保健学演習Ⅱ・社会精神保健学研究Ⅱ

専門分野:・福祉工学・福祉環境学・バリアフリーデザイン論・ユニバーサルデザイン論・環境心理学
・障害児教育環境・建築計画・都市計画・地域福祉計画・社会福祉施設計画論
・社会福祉地域計画論・社会福祉住環境論(居住福祉)・リハビリテーション工学・障害児教育施設計画論・ボランティア論
・地域環境計画・NPO論

学会活動日本心理学会認定心理士会評議員(現在)
日本建築学会建築計画委員会ハンディキャプト小委員会委員(1990-1994)
日本建築学会九州支部建築計画委員会委員(2001-2007)
日本福祉のまちづくり学会九州支部副支部長(2002-)
第5回日本福祉のまちづくり学会全国大会実行委員長(2002)
第6回日本福祉のまちづくり学会九州支部大会長(2006)

所属学会・正会員・日本建築学会・日本心理学会・日本教育心理学会・日本発達心理学会・日本特殊教育学会・日本人間工学会・日本グル-プダイナミックス学会・人間-環境学会・日本社会福祉学会・日本介護福祉学会・日本地域福祉学会・日本都市計画学会・日本看護福祉学会・日本NPO学会・日本学校ソーシャルワーク学会・交通権学会・

公的委員活動熊本市長寿社会対策研究会(市長諮問機関)委員・生活環境部会座長 (1990年11月まで)
熊本県地方社会福祉審議会臨時委員
熊本市環境紛争調整委員会建築紛争専門部会副部会長
熊本市シルバーハウジング・プロジェクト事業策定委員
熊本県老人保健福祉推進委員会住宅機器専門委員会会長
熊本市老人保健福祉推進委員会委員
熊本市住宅総合政策(マスタープラン)策定検討委員(1997年まで)
熊本県地域障害者雇用推進協議会副会長(1997年まで)
熊本県特別養護老人ホーム・老人保健施設サービス評価委員(1998年まで)
熊本市文教施設インテリジェント化研究推進協議会委員
水俣市地域中小小売活性化ビジョン策定委員会委員
玉名市中心市街地活性化計画策定事業委員会副委員長
玉名市商業タウン・マネジメント計画策定事業委員会副委員長
玉名都市計画区域マスタープラン検討委員会委員長
長洲都市計画区域マスタープラン検討委員会副委員長
玉名市新幹線新玉名駅周辺整備構想策定委員
「九州における医療関連産業の拡大可能性調査」委員
「都市軌道系交通整備と連動したトランジットモール成立可能性調査」委員会委員
新玉名駅周辺地区道路網計画検討委員会委員
玉名市国土利用計画策定委員会副座長
国土交通省九州地方整備局ユニバーサルデザイン懇談会委員
熊本県高齢者保健福祉推進委員会委員
熊本県ユニバーサルデザイン懇談会委員
玉名温泉活性化ビジョン検討委員会副会長
玉名市福祉輸送特区有償運送協議会委員
熊本県障害者雇用促進協会技術顧問
熊本県の道路に関するユニバーサルデザイン指針策定懇談会副座長
玉名市新幹線新玉名駅(仮称)駅舎関連検討会会長
熊本県くまもと・やさしいまちづくり表彰審査委員会委員長
荒玉地区やさしいまちづくり推進協議会会長
  などを歴任。

現在、
熊本県 くまもと・高齢者や障害者にやさしいまちづくり推進協議会顧問
財団法人熊本県雇用環境整備協会 助成審査委員会委員
玉名市都市計画審議会会長
社会福祉法人熊本県共同募金会 配分委員会委員長
独立行政法人高齢・障害者雇用支援機構 「雇用管理サポート事業」協力専門家
熊本商工会議所 「経営・技術強化支援事業専門家」
熊本県 国土利用計画審議会委員 (2005-2010)
玉名市指定管理候補者選定委員会委員(2006-)
玉名温泉活性化CI制作事業検討委員会委員(玉名温泉観光旅館協同組合主催)(2006)
玉名市新庁舎建設基本設計業務プロポーザル審査委員会委員(2007)
地域貢献活動特定非営利活動法人熊本すずらん会(障害者就労継続支援B型事業所)理事長
特定非営利活動法人保健福祉サポート(熊本市西3地域包括支援センター・花陵)副理事長
バリアフリーデザイン研究会会長(2002年にバリアフリーデザイン研究会(会長西島)が、首相官邸にて「バリアフリー化推進功労者表彰内閣官房長官賞」を受賞)
ユニハウス研究会副会長
特定医療法人社団(精神科病院)評議員
社会福祉法人(知的障害者通所施設)評議員
2006年度ひとにやさしいまちづくりアドバイザ-養成講座実行委員長
1992年―2010年 バリアフリーデザイン研究会会長
2011年 バリアフリーデザイン研究会顧問
2009年 特定非営利活動(NPO)法人安心運転支援センター理事長
日本建築学会九州支部業績賞をバリアフリーデザイン研究会(会長西島)受賞。2007年5月に表彰式で西島衛治がプレゼン。

海外研修(アジア研究交流・学会)
2006年以降 中国江西省南昌大学、东亚管理与社会国际学术研讨会2008年9月7日
 グローバル時代の経済・社会国際検討会、台湾雲淋県、国立雲林科技大学、2006年6月
 バリアフリー、ユニバーサルデザイン研究交流会議、韓国ソウル市、建国大学、2006年7月
 DPI世界会議、韓国ソウル、2007年9月
兼任講師(財)介護労働安定センター熊本支部訪問介護員2級養成研修講座

研究業績
論文
(最近5年他)
1) 西島著:A市的地区综合支援中心的各区域的、业务量差距的现状与课题、中国江西省南昌大学、东亚管理与社会国际学术研讨会2008年9月7日
2) 西島著:「事業者・行政・市民の連携と交通権」の議論を振り返って、熊本市都心LRT結節計画案を中心に考える、交通権、交通権学会、2009年
3) 単著:広汎性発達障害者の「困難感」への支援方法、日本看護福祉学会誌、第12巻1号、2006年7月
4) 単著:关于对广泛性发展障碍者的困难感的社会支援的方法之研究-以高机能自闭症当事者的手记为切入口的无障碍化(构造化)、2006全球化時代的經濟・管理暨社會・國際研討會論文集(ISBN986-00-5455X)、會議地點:台湾国立雲林科技大學國際會議廳、會議日期:2006年6月、p226-234
5) 共著:福祉移送サービスの現状の問題点と課題-熊本県A市の有償運送を実施するNPO法人のケーススタディ-、介護福祉学代2巻1号、p136-146、日本介護福祉学会、2005年10月
6) 単著:障害者用駐車場の利用実態に関する調査研究、九州看護福祉大学研究紀要第7巻1号、p89-100、2005年3月
7) 共著:介護系NPOにおける制度外ニーズとサービス供給の課題、制度外ホームヘルプと訪問介護を中心に、九州看護福祉大学研究紀要第7巻1号、p67-78、2005年3月
8) 単著:自閉症児の教育と教室空間の利用に関する研究、-最近の情緒障害学級の教育と空間について-、九州看護福祉大学研究紀要第6巻1号p141-155、2004年3月
9) 単著:玉名市の医療施設のバリアフリー水準に関する調査研究、九州看護福祉大学紀要第5巻1号、p189-196、2003年3月
10) 共著:自閉症児の教育方法に対応した教育空間の分化傾向と物理的空間の構造化への動向、日本建築学会計画系論文集No.564、p165-172、2003年2月
11) 単著:地域福祉的視点からみたバリアフリー調査研究、熊本社会福祉研究会熊本社会福祉研究第5号、p78-89、2002年11月
12) 共著:熊本県有明地区のバリアフリーに関する住民意識の傾向、九州看護福祉大学紀要第4巻1号、p269-274、2002年3月
13) 単著:自閉症児の教育空間の計画に関する研究、情緒障害学級教室の現状分析と物理的空間の構造化、九州看護福祉大学紀要第3巻1号、p137-151、2001年3月
14) 共著:福祉のまちづくりにおけるモビリティに関する調査研究、ノンステップバスのユーザーによる利用評価、九州看護福祉大学紀要第2巻1号、p141-150、2000年3月
15) 共著:便所・浴室における介助空間と高齢者特性との関連性に関する研究、日本建築学会計画系論文集、529号、p187-p193、2000年3月
上記の他56編

著書
1) 共著:社会福祉と環境「社会福祉の発見」新社会福祉講座、福永善秀編、あいり出版、2009年1月
2) 編著:実践的ボランティア論、筒井書房、2008年4月
3) 共著:社会福祉学‐人間福祉とその関連領域、学文社、2007年4月
4) 共著:現代地域福祉論、学文社、2006年4月
5) 単著:図解自閉症児の教室の構造化‐特別支援教育のための教室づくりと実践例-、小林出版、2005年11月
6) 共著:社会福祉の課題と研究動向、中央法規出版、2005年9月
7) 共著:現代障害者福祉論、学文社、2004年3月
8) 単編著:高齢者・障害者を配慮した建築設計チェックリストと実施例、理工図書、2004年
9) 共著:国民福祉辞典、金芳堂、2003年12月
10) 編著:福祉住環境コーディネーター2級合格ナビ&受験対策問題、久美、2003年5月
11) 編著:実践的ボランティア論、小林出版、2003年4月
12) 共著:図解 交通バリアフリー・デザイン百科、TBSブリタニカ、2002年5月
13) 編著:ボランティア論、小林出版、2002年4月
14) 共著:バリアフリーが街を変える、学芸出版、2001年4月
15) 共著:ボランティアの活動(理論と実践),福祉実践の理論,小林出版,1999年4月
16) 共著:介護と福祉システムの転換、未来社、1998年4月
17) 共著:高齢者にやさしい住宅増改築実例集、(社)家の光協会、1997年
上記の他10冊

各種学会発表:300篇以上

c0388063_15172874.jpg

[PR]
# by westi1228 | 2017-11-10 10:24 | 教育研究 | Comments(0)

推薦入試

c0388063_1413262.jpg
推薦入試

一般推薦.


募集人員
●看護学科 35名
●社会福祉学科 介護福祉課程以外 12名
介護福祉課程 2名
●リハビリテーション学科 10名
●鍼灸スポーツ学科 8名
●口腔保健学科 10名

出願資格
高等学校(特別支援学校の高等部を含む)もしくは中等教育学校を平成29年3月卒業の者及び平成30年3月卒業見込みの者で、次の条件をすべて満たす者
(1)学業・人物とも優れており、出身学校長が推薦する者
(2)高等学校成績全体の評定平均値が3.5以上の者
(3)入学を許可された場合、確実に入学する者>


試験科目
調査書(100点)、小論文(90分、50点)、面接

出願期間
平成29年11月1日(水)~11月14日(火) ※締切日消印有効

試験日[会場]
平成29年11月19日(日)[本学(玉名市)]

合格発表日
平成29年11月28日(火)

入学手続き締切日
平成29年11月28日(火)~12月12日(火)

福祉科特別推薦.


募集人員
●社会福祉学科 介護福祉課程以外 12名

出願資格
本学が指定する高等学校(中等教育学校含む)の福祉科(福祉コースやその他類似の名称を含む)を平成30年3月卒業見込みの者で、次の条件をすべて満たす者
(1)学業・課外活動・校外活動などの分野で優れた成績を有し、出身学校長が推薦する者
(2)高等学校成績全体の評定平均値が3.5以上の者
(3)入学を許可された場合、確実に入学する者


試験科目
書類審査、面接

出願期間
平成29年11月1日(水)~11月14日(火) ※締切日消印有効

試験日[会場]
平成29年11月19日(日)[本学(玉名市)]

合格発表日
平成29年11月28日(火)

入学手続き締切日
平成29年11月28日(火)~12月12日(火)


[PR]
# by westi1228 | 2017-10-31 16:03 | 受験情報 | Comments(0)

特例措置

平成28年(2016年)熊本地震により被災した受験生への特例措置について
~ 被災された受験生の皆様へ ~

趣旨.

九州看護福祉大学では、熊本地震により被災された受験生への経済的負担を軽減し、受験生の進学機会の確保を図るために、以下の通り特例措置を講じます。

特例措置の対象となる入学者選抜試験.

学部、大学院、助産学専攻科の平成30年度入学者選抜試験

免除の対象者および措置内容.

入学検定料の免除について

平成30年度入学者選抜試験の志願者で、平成28年(2016年)熊本地震において被災し、次のいずれかに該当する方は入学検定料を全額免除とします。
(1)保護者(または家計支持者)が被災したことにより死亡または行方不明の場合
(2)本人または保護者(または家計支持者)が居住する自宅家屋が全壊、大規模半壊、半壊、一部損壊、流失した場合
(3)保護者(または家計支持者)の勤務先(会社や自営業等)が被災したことにより、収入が見込めなくなった場合

免除となる金額


区分

免除金額



学部

1回目
28,000円

2回目以降
10,000円

センター利用
10,000円

大学院
35,000円

助産学専攻科
30,000円

申請書類

各入学試験の出願期間内に、次の必要書類を出願書類とともに所定の封筒に入れて、入試室に簡易書留速達郵便で郵送してください。
1.入学検定料免除申請書(本学ホームページよりダウンロードしてください)
入学検定料免除申請書[PDF:0.1MB]
2.死亡または行方不明を証明する書類の写し【上記の(1)に該当する方】
3.り災証明書の写し【上記の(2)に該当する方】
4.保護者(または家計支持者)の離職証明書または雇用保険受給証明書の写し【上記の(3)に該当する方】


申請する際の注意事項
●出願時に入学検定料を振り込まないようご注意願います。
●申請する場合は紙での出願となります(Webでの出願はできません)。
●入学志願票を記入する際、入学検定料の記入及びチェックは不要です。
なお、取扱銀行の収納印も不要となりますので、直接、入学志願票・写真票や必要書類を提出してください。
●2.~4.の証明書等については、後日提出も可とします。
●指定する証明書等の添付が困難な場合は、申請する内容を証明できる公的機関の文書を提出してください。

免除決定通知について

入学検定料の免除申請結果については、「受験票」の送付をもって、決定通知とします。

※申請書類確認の結果、免除に該当しない方へは別途連絡しますので、入学検定料の振込みを行ってください。納入確認後に受験票を送付します。

入学金・学費等減免について

平成30年度入学者選抜試験で合格した入学予定者で、平成28年(2016年)熊本地震において被災し、次のいずれかに該当する方は入学金免除・授業料等減免とします。


対象

措置内容



(1)保護者(または家計支持者)が死亡または行方不明で、学資の納入が困難な者
●入学金免除
●学費等(授業料、実験実習料、施設設備資金)の全額免除

4年以内


(2)保護者(または家計支持者)が職を失い、学資の納入が困難な者
●入学金免除
●学費等(授業料、実験実習料、施設設備資金)の全額免除

学資納入が困難と認められる間(4年以内)


(3)本人または保護者(または家計支持者)の居住する建物が全壊または半壊し、学資の納入が困難な者
●入学金免除
●全壊の場合は学費等(授業料、実験実習料、施設設備資金)の全額免除、半壊の場合は学費等のうち授業料を免除

平成30年度末日まで(1年間)


※全額免除が決定した場合でも委託徴収金(学友自治会費、後援会費、同窓会費、学生保険料等)56,110円
(社会福祉学科介護福祉課程以外は55,770円)が別途必要となります。
詳しい免除額についてはこちらをご覧ください。
入学金免除・学費等減免一覧[PDF:0.4MB]

申請書類

入学手続期間内に、次の必要書類を入学手続書類とともに所定の封筒に入れて、入試室に簡易書留速達郵便で郵送してください。
1.入学金・授業料減免申請書(本学ホームページよりダウンロードしてください)
入学金・授業料減免申請書[PDF:11KB]
2.死亡または行方不明を証明する書類の写し、及び所得に関する証明書(生計を一にする者全員)【上記の(1)に該当する方】
3.り災証明書の写し及び離職証明書またはその事実が確認できる書類【上記の(2)に該当する方】
4.り災証明書の写し及び所得証明書またはその事実が確認できる書類【上記の(3)に該当する方】


申請する際の注意事項
●入学手続時に入学金・授業料等を振り込まないようご注意願います(減免申請手続中は、入学手続期限が延長されます)。免除が決定した方には、決定通知とあわせて免除外の金額や納入期限日を記した振込用紙を郵送します。
●被災状況等の証明書類(り災証明書等)を「入学検定料免除申請」の際に提出した方は、再度の提出は不要となりますので、その他書類(所得証明書等)をご提出ください。
●指定する証明書等の添付が困難な場合は、申請する内容を証明できる公的機関の文書を提出してください。

免除決定通知について

入学手続期間内に提出された申請書類に基づき審査を行い、減免の可否について決定し、その旨を申請者に通知します。

※申請書類確認の結果、免除に該当しない方へは別途連絡しますので、指定された期日までに所定の額を納付してください。

問い合わせ先.
■九州看護福祉大学入試室〒865-0062 熊本県玉名市富尾888番地TEL:0968-75-1850 FAX:0968-75-1853nyushi[@]kyushu-ns.ac.jp
※メールを発信される場合「[ ]」をはずしてください。

[PR]
# by westi1228 | 2017-10-31 16:00 | 受験情報 | Comments(0)

奨学金

奨学制度

保護者の方の負担を減らし、学生の充実した学生生活を支援するため、本学では学業特待生制度や修学支援授業料減免制度、貸与奨学金制度などを設けています。また、日本学生支援機構奨学金のほか、地方自治体、財団法人、民間団体などの奨学金制度を紹介しています。

特徴.
平成29年度から学業特待生(入学特待生)の認定数が拡大!
平成28年度から修学支援授業料減免制度を新設。経済的に困窮度の高い学生を優先的に選考!
在学中、成績上位者に給付される特待生制度や貸与型の奨学金など多様な奨学制度を用意!


名称

対象者

認定数

給付・貸与額(年)



給付・減免型
学業特待生(入学特待生) 一般入試(前期)の得点が各学科で上位の者 約20名 在籍する学科の授業料を減免
[減免額:看護・鍼灸・リハビリ95万、福祉・口腔60万]
※継続審査あり
学業特待生(一般特待生) 2年次以上の学部学生のうち、昨年度の学業成績が上位の者 計33名 20万円を給付
修学支援授業料減免制度 2年次以上の学部学生で最短修業年限以内、特に経済的困窮度が高い者(所得上限・成績基準あり)など 25名程度 在籍する学科の授業料1/2を減免
[減免額:看護・鍼灸・リハビリ47.5万、福祉・口腔30万]
※3回まで申請可

貸与型
九州看護福祉大学奨学金(無利子) ①学部3年次もしくは4年次 若干名 在籍する学科の授業料その他納付金の合計額以内
[貸与額:看護・鍼灸125.5万、福祉・口腔86.5万・リハビリ130万]
※卒業後10年間で返還
②経済的理由により本学授業料その他納付金の支弁が困難
③学業成績優秀、人物良好など

特待生・修学支援授業料免除制度 実績.


種類

人数


入学特待生(平成29年度実績) 21名
一般特待生(平成29年度実績) 2年次/10名 3年次/10名 4年次11名
修学支援授業料減免制度(平成28年度実績) 25名

各種奨学金採用状況.

九州看護福祉大学奨学金


年度

採用数


平成28年度実績 6名
平成27年度実績 4名
平成26年度実績 13名

日本学生支援機構(平成28年度実績)



区分

月額

採用数



第一種奨学金
貸与(無利子) 30,000円 95名
54,000円(自宅)
64,000円(自宅外)

第二種奨学金
貸与(有利子) 30,000円 162名
50,000円
80,000円
100,000円
120,000円

※詳しくは、JASSOのサイトをご覧ください。

各地方自治体奨学金・民間団体・その他奨学金

熊本県育英資金/熊本市奨学生/長崎県看護職員修学資金/宮崎県育英資金/熊本県社会福祉協議会(介護福祉士等修学資金)/大分県奨学会/長崎県育英会/沖縄県国際交流・人材育成財団/山口県ひとづくり財団/あしなが育英会/交通遺児育英会/壽崎育英財団/内村チカ育英財団/鶴友奨学会/米濵・リンガーハット財団/国際ソロプチミスト熊本-さくら/明光教育研究所

国の教育ローン(日本政策金融公庫)

奨学金制度ではありませんが、日本政策金融公庫が取り扱っている「国の教育ローン」は、入学・在学される学生の「家庭の経済的負担の軽減」と「教育の機会均等」を図るために創設された、公的な融資制度です。最高350万円まで融資を受けることができます。

※詳しくは、日本政策金融公庫のサイトをご覧ください。

提携教育ローン/学費サポートプラン(オリエントコーポレーション)

入学金や授業料などの納付金を㈱オリエントコーポレーションが保護者に代わって本学に立て替え、保護者より毎月分割でご返済いただく学校提携教育ローンです。

※詳しくは、学費サポートプランのサイトをご覧ください。

[PR]
# by westi1228 | 2017-10-31 15:58 | 受験情報 | Comments(0)

検定料

併願受験しやすい入学検定料(受験料).

「看護学科と社会福祉学科を受験したいが、経済的に複数併願は難しい・・・」
大学を受験する場合、入学検定料や入学金・学費などを考えると経済的負担が大きいという理由で学科併願を減らしたり、受験そのものを諦めてしまうケースが多いようです。
そこで、受験生の経済的負担を少しでも軽減し、受験機会をより多く提供するため、併願受験しやすい入学検定料を設定しています。


区分

本学検定料


1回目 28,000円
2回目以降 10,000円
センター試験利用 10,000円

学びやすい学費設定.

本学は、熊本県や玉名市をはじめとする地方自治体の拠出金や県内外の企業や個人の寄付金、そして多くの方の長い運動が実を結び誕生した「公設民営」の大学です。
そのため、他の保健・医療・福祉系の初年度納付金と比較すると約18万円~40万円も低く設定しています。

初年度納付金の延納・分納制度.

大学入試に合格した方は入学の手続きを行う場合、授業料等の納付金が必要になります。
本学では、入学金と前期の授業料等の合計、約69万円~90万円が必要となりますが、定められた期日までに一定の金額を準備しなければならないことから、保護者の負担が大きいことも容易に予想されます。
そこで、本学では、期日までに授業料等の納付が困難な方を対象に、授業料等の納付を延納・分納する制度を設けています。

兄弟姉妹の入学金返還制度.

本学では、平成10年の開学以来、兄弟や姉妹の方が入学するケースが増えています。
そうした家庭を経済的に、少しでも支援したいという思いより・・・兄弟姉妹に卒業生や在学生がいる場合、いったん納入した入学金(20万円)を入学後に全額返還する制度を設けています。

※入学後に必要書類の提出が必要となります。

遠隔地出身者の帰省旅費支給制度.

親元を離れ、食事の準備や日々の生活を一人で行う。
時間の経過とともに慣れてくるものですが、初めのうちはホームシックになるものでしょう。
近ければいつでも帰ることができますが、遠隔地であれば経済的負担も大きく、そうはいかない。
そこで、本学(熊本県玉名市富尾)から概ね1,000㎞圏外(離島振興法に指定される地域も含む)に保護者の居住地が該当する場合、帰省に必要となる交通費の全額を支給する制度(年1回)を設けています。
○平成28年度学生申請地区沖縄29名、鹿児島(奄美・大島・屋久島)11名、長崎(対馬・五島)4名、福岡(姫島・小呂島)2名
静岡1名、新潟1名、埼玉1名、茨城1名

[PR]
# by westi1228 | 2017-10-31 15:56 | 受験情報 | Comments(0)

出前講義

出前講義について.

九州看護福祉大学出前講義は、本学教員が高等学校からの要請に応じて、専門分野の授業を行い、高校生が大学の教育や研究に触れることによって、大学への関心を高めるとともに高等学校との連携を深めることを目的としています。
講義時間は高校の授業時間に合わせ、50分~90分を目安としています。
実施日時は、月~金曜、午前9時~午後5時です。
実施日は原則として平日ですが、土曜日や日曜日・祝日を希望される場合はできるだけ調整しますので、お問い合せください。

費用について.

本講義に伴う費用(交通費等)は不要です。
出前講義は、社会貢献等の一環として実施していますので全ての経費は大学で負担いたします。

申込みから実施までの流れ.

1.申込書の提出

受講を希望する講義が決まりましたら、出前講義申込書(所定様式)を提出してください。
なお、お申込みは実施希望日の1ヶ月前までにお願いします。
出前講義申込書[PDF:8KB]
出前講義申込書[Word:24KB]

「出前講義一覧表」よりテーマを選択してください。
「出前講義申込書」に記入し、郵送またはFAX・メール送信にて提出をお願いします。
2017出前講義プログラム[PDF:2.57MB]

2.スケジュール等の調整

出前講義申込書を受取りましたら、大学より高等学校へご連絡し、希望の講義、スケジュール、使用機器等の調整をします。
通常の授業などでご希望の教員を派遣出来ないこともありますが、できる限り希望に沿った講義をご用意します。

3.確認

出前講義の打合せ終了後、高等学校より公文書(講師派遣依頼文書)の郵送をお願いします。
出前講義講師派遣依頼書サンプル[PDF:7KB]
出前講義講師派遣依頼書サンプル[Word:21KB]

4.出前講義の実施

実施日、本学教員が出前講義を実施します。

お申込先・お問い合わせ先.
■九州看護福祉大学入試室〒865-0062 熊本県玉名市富尾888番地TEL:0968-75-1850 FAX:0968-75-1853nyushi[@]kyushu-ns.ac.jp
※メールを発信される場合「[ ]」をはずしてください。

[PR]
# by westi1228 | 2017-10-31 15:53 | 教育 | Comments(0)

受験上の配慮

http://www.kyushu-ns.ac.jp/admissions/pamphlet/

入学検定料

「看護学科と社会福祉学科を受験したいが、経済的に複数併願は難しい・・・」
大学を受験する場合、入学検定料や入学金・学費などを考えると経済的負担が大きいという理由で学科併願を減らしたり、受験そのものを諦めてしまうケースが多いようです。
そこで、受験生の経済的負担を少しでも軽減し、受験機会をより多く提供するため、併願受験しやすい入学検定料を設定しています。


区分

本学検定料


1回目 28,000円
2回目以降 10,000円
センター試験利用 10,000円

受験上の配慮

身体に障がい等を有する志願者は、受験上または修学上の特別な配慮を必要とすることがありますので、下記の必要書類を用意し、出願開始前に入試室に申し出てください。本学で検討の上、特別措置を決定します。
必要書類相談申請書(様式は特に定めません)に次の内容を記載し、医師の診断書または障害者手帳(写し)を添えて提出してください。
(1)志望学部・学科
(2)志願者の氏名・住所・電話番号・出身学校名
(3)障がいの状況
(4)受験上または修学上の特別な配慮を希望する事項
(5)出身学校等でとられていた特別措置
(6)日常生活の状況

[PR]
# by westi1228 | 2017-10-31 15:49 | 受験情報 | Comments(0)

c0388063_1639476.jpg
これから期待できる介護福祉士のキャリアパス

c0388063_1639393.jpg

[PR]
# by westi1228 | 2017-10-27 16:39 | 介護福祉士 | Comments(0)

2017/10/27今日の学食

c0388063_13392538.jpg
c0388063_1339151.jpg
c0388063_133932.jpg
2017/10/27今日の学食ランチ
c0388063_13384751.jpg

[PR]
# by westi1228 | 2017-10-27 13:39 | 学生食堂 | Comments(0)

c0388063_1351482.jpg
社会福祉学科の研究の現状と課題
各大学において、大学教員の研究業績をホームページなどで公開することが義務づけてある。大学は、研究を基盤にして教育を行うわけなので学会などの研究業績の蓄積は極めて重要である。
下記は、過去10年ほどの本学での本学科関係の学会や研修会の開催状況である。直近の2017年5月に本学で開催した日本社会福祉学会九州部会研究大会において、学外の玉名市民会館を活用し、地域市民の参加を求めたところ400名を超える地域の皆さまや福祉関係者にご参集いただき、かつ大いに意見交換し学会会員以外への地域貢献ができた。

学会活動(本学開催校)

主催:日本福祉のまちづくり学会九州沖縄支部熊本大会、実行委員長:西島衛治、基調講演、テーマ「バリアフリーとUD」、パネルディスカッション、2006年12月16日

主催:日本発達障害ネットワーク、共同主催:九州看護福祉大学水間研究室・特定非営利活動法人アスペ・エルデの会、次世代育成と発達障害児者支援の体験博覧会2010、開催場所:九州看護福祉大学、実行委員長:水間宗幸、開催日:2010年11月22日(土)、23日(日)助成団体:日本財団

主催:日本精神保健福祉士養成校協会九州沖縄ブロック研修 本学開催担当校(実行委員長:吉光清、事務局長:茶屋道拓哉)2011年2月

主催:交通権学会九州沖縄部会、開催校:九州看護福祉大学、シンポジウムテーマ:交通権学会九州沖縄部会シンポジウム「九州新幹線全線開通がもたらす波及効果の予測」―熊本市都市圏、玉名市圏域にもたらす状況-博多駅に吸収されない方策はあるのか、実行委員長:西島衛治、2011年3月19日

主催:日本社会福祉士養成校協会九州沖縄ブロック研修、本学開催担当校(実行委員長:吉光清、事務局長:後藤秀昭)、2013年2月

主催:日本職業リハビリテーション学会、第40回(熊本)大会、テーマ“地域新時代”における職業リハビリテーション-地域における検証と地域からの発信-、大会長:吉光清(九州看護福祉大学)、会場:九州看護福祉大学、2012年 8月30日・31日

主催:日本介護福祉士養成施設協会九州ブロック教員研修、開催地:九州看護福祉大学、実行委員長:西島衛治、2013年11月8日、9日

主催:日本福祉のまちづくり学会九州沖縄支部・交通権学会九州沖縄部会、開催校:九州看護福祉大学、実行委員長:西島衛治、シンポジウム「発達障がい当事者からみた福祉のまちづくり」日本福祉のまちづくり学会九州沖縄支部・交通権学会九州沖縄支部合同企画、2014年3月22日

主催:日本福祉のまちづくり学会九州沖縄支部・交通権学会九州沖縄部会、実行委員長:西島衛治、シンポジウム「避難所の実態と地域公共交通の在り方」コーディネーター:西島衛治(九州看護福祉大学教授・九州沖縄支部副支部長・交通権学会会員)日本福祉のまちづくり学会九州沖縄支部セミナー:テーマ「熊本地震の避難所の実態と地域公共交通の在り方、今後の対策」、【日時】2017年3月18日(土)13:30~16:30【場所】九州看護福祉大学

主催:障害学研究会九州沖縄部会、開催校:九州看護福祉大学、実行委員長:橋本眞奈美、シンポジウム①「合理的配慮の本質と射程」シンポジウム②「『共生の障害学』研究の課題と方法」、開催日:2017年3月19日、20日

主催:日本社会福祉学会九州部会研究大会(テーマ:多様性の日常化と社会福祉)、実行委員長:西島衛治、大会事務局長:茶屋道拓哉、開催校:九州看護福祉大学、地域公開講座:コーディネーター:山本孝司、指定討論者:豊田保、玉名市民会館2017年5月20日、研究発表:九州看護福祉大学2号館、5月21日
c0388063_1353454.jpg
c0388063_1354433.jpg
c0388063_1355648.jpg
c0388063_136525.jpg

[PR]
# by westi1228 | 2017-10-27 12:59 | 学会活動(主催) | Comments(0)

c0388063_13501987.jpg
c0388063_13491220.jpg
c0388063_1343725.jpg
c0388063_1341397.jpg
c0388063_11424568.jpg
社会福祉学科の研究の現状と課題
各大学は、大学教員の研究業績をホームページなどで公開することが義務づけてある。大学は、研究を基盤にして教育を行うわけなので学会などの研究業績の蓄積は極めて重要である。
下記は、過去10年ほどの本学での本学科関係の学会や研修会の開催状況である。直近の2017年5月に本学で開催した日本社会福祉学会九州部会研究大会において、学外の玉名市民会館を活用し、地域市民の参加を求めたところ400名を超える地域の皆さまや福祉関係者にご参集いただき、かつ大いに意見交換し学会会員以外への地域貢献ができた。

学会活動(本学開催校)
主催:日本福祉のまちづくり学会九州沖縄支部熊本大会、実行委員長:西島衛治、基調講演、テーマ「バリアフリーとUD」、パネルディスカッション、2006年12月16日

主催:日本発達障害ネットワーク、共同主催:九州看護福祉大学水間研究室・特定非営利活動法人アスペ・エルデの会、次世代育成と発達障害児者支援の体験博覧会2010、開催場所:九州看護福祉大学、実行委員長:水間宗幸、開催日:2010年11月22日(土)、23日(日)助成団体:日本財団

主催:交通権学会九州沖縄部会、開催校:九州看護福祉大学、シンポジウムテーマ:交通権学会九州沖縄部会シンポジウム「九州新幹線全線開通がもたらす波及効果の予測」―熊本市都市圏、玉名市圏域にもたらす状況-博多駅に吸収されない方策はあるのか、実行委員長:西島衛治、2011年3月19日

主催:日本介護福祉士養成施設協会九州ブロック教員研修、開催地:九州看護福祉大学、実行委員長:西島衛治、2013年11月8日、9日

主催:日本福祉のまちづくり学会九州沖縄支部・交通権学会九州沖縄部会、開催校:九州看護福祉大学、実行委員長:西島衛治、シンポジウム「発達障がい当事者からみた福祉のまちづくり」日本福祉のまちづくり学会九州沖縄支部・交通権学会九州沖縄支部合同企画、2014年3月22日

主催:日本福祉のまちづくり学会九州沖縄支部・交通権学会九州沖縄部会、実行委員長:西島衛治、シンポジウム「避難所の実態と地域公共交通の在り方」コーディネーター:西島衛治(九州看護福祉大学教授・九州沖縄支部副支部長・交通権学会会員)日本福祉のまちづくり学会九州沖縄支部セミナー:テーマ「熊本地震の避難所の実態と地域公共交通の在り方、今後の対策」【日時】2017年3月18日(土)13:30~16:30【場所】九州看護福祉大学

主催:障害学研究会九州沖縄部会、開催校:九州看護福祉大学、実行委員長:橋本眞奈美、シンポジウム①「合理的配慮の本質と射程」シンポジウム②「『共生の障害学』研究の課題と方法」開催日:2017年3月19日、20日

主催:日本社会福祉学会九州部会研究大会、実行委員長:西島衛治、大会事務局長:茶屋道拓哉、開催校:九州看護福祉大学、地域公開講座、コーディネーター:山本孝司、指定討論者:豊田保、玉名市民会館2017年5月20日、研究発表、九州看護福祉大学2号館、5月21日

c0388063_13413867.jpg
c0388063_1342116.jpg
c0388063_13493434.jpg

[PR]
# by westi1228 | 2017-10-27 11:07 | 学会活動(主催) | Comments(0)

激増する高齢者

超超高齢社会
c0388063_111125.jpg

[PR]
# by westi1228 | 2017-10-27 11:01 | セミナー | Comments(0)

c0388063_10524971.jpg
c0388063_10523724.jpg
c0388063_1052448.jpg
c0388063_10514816.jpg
超高齢社会と在宅高齢者支援の今後
c0388063_10513659.jpg

[PR]
# by westi1228 | 2017-10-27 10:53 | セミナー | Comments(0)

c0388063_10414830.jpg
c0388063_10413572.jpg
c0388063_10411714.jpg
c0388063_10404734.jpg
c0388063_10401186.jpg
c0388063_10395727.jpg
c0388063_10394652.jpg
改善される介護福祉士のキャリアアップ
今後、政府の方針が変わる!深刻な介護分野の人材不足に対応!
改善される待遇!必要とされる介護福祉の専門知識と専門技術


c0388063_10393696.jpg

[PR]
# by westi1228 | 2017-10-27 10:41 | 介護福祉士 | Comments(0)

便利なWEB出願

c0388063_1414155.png


便利なWEB出願
24時間出願・願書請求不要紙の願書の作成に時間を費やすことなく、24時間いつでも手続ができます。募集要項などの必要な書類はダウンロードしてください。検定料支払可能検定料のお支払いはクレジットカード、コンビニ、Pay-easyをご利用いただけます。システム手数料・ 支払手数料が無料インターネット出願を利用された場合、クレジットカードのシステム手数料、コンビニ・Pay-easyでの支払手数料が無料になります。自動チェック機能画面の案内に従えば入力も簡単、自動チェック機能で入力ミスの心配もありません。
Web出願の流れ.
事前準備
Step1.Web出願ページにアクセス
Step2.仮登録(メールアドレス登録)
Step3.出願登録
Step4.入学検定料の支払い
Step5.受付番号の受領
Step6.志願票等のダウンロード
Step7.出願書類の郵送
Step8.受験票の到着
Q&A

事前準備
(1) 入試区分等の確認受験する学科、入試区分、出願期間等を募集要項または本学Webサイト「入試情報ページ」で確認してください。
(2) 必要書類発行に時間がかかる場合がありますので、できるだけ出願前に準備をしておいてください。※推薦書、調査書、写真、センター試験成績請求票等(入試区分により異なりますので募集要項等で確認してください)
(3) ネット環境インターネットに接続されたパソコンとプリントアウト可能なプリンタを用意してください。

推奨OS・ブラウザ



Microsoft WindowsVista / Windows7 / Windows8 / Windows10

Apple MacOS X 10.4k~

MicrosoftInternetExplorer11(Vistaのみ9)
MozillaFirefox 最新版
GoogleChrome 最新版
MicrosoftEdge 最新版
AppleSafari 最新版
MozillaFirefox 最新版
GoogleChrome 最新版


(4) メールアドレス登録するメールアドレスは、仮登録、出願登録完了通知や納入完了通知に使用します。※仮登録、出願登録完了後と入金完了後に確認メールを送信します。送信元(@f-regi.com)の受信を許可してください。
確認メールが迷惑メールフォルダなどに振り分けられる場合がありますので、注意してください。
(5) 入学検定料支払方法を「クレジットカード決済」「コンビニ決済」「Pay-easy(ペイジー)決済」から選択できます。※クレジットカード決済を利用する場合、志願者の保護者の方名義のクレジットカードを使用することもできます。
なお、保護者の方名義のクレジットカードをご利用の際は、保護者の方とお手続ください。

Step1. Web出願ページにアクセス

Web出願(インターネット出願)のページから、「出願手続はこちら」のバナーをクリック。
「学生募集要項・出願書類ダウンロードはこちら」のバナーからは募集要項、推薦書などを必要に応じてダウンロードしてください。最初に「Web出願の流れ」を読んでください。

Step2. 仮登録(メールアドレス登録)

利用規約に同意し、メールアドレスを入力、送信してください。(仮登録完了)
※仮登録完了時にメール(Web出願開始URLのお知らせメール)が送信されますので、確認してください。
※24時間以内にメールが届かない場合は入試室(tel.0968-75-1850)に問い合わせてください。

Step3. 出願登録

受取ったメールから「Web出願登録」ページにアクセスしてください。 ガイダンス画面に従って、必要事項を入力してください。
入力後、確認画面で内容をチェックしてください。

※氏名や住所などの個人情報を入力する際に、JIS 第1水準・第2水準以外の漢字は登録エラーになる場合があります。
その場合は、代替の文字を入力してください。なお、受験の際には全て代替の文字で表示されます。
(例)髙木 → 高木 山﨑 → 山崎 (ローマ数字)Ⅲ → (アルファベットのアイ)III

Step4. 入学検定料の支払い

次のいずれかの方法でお支払いください。

※入学検定料のお支払い後は内容の変更ができませんので、ご注意ください。
クレジットカード決済クレジットカード一覧VISA、MasterCard、JCB、AmericanExpress、DinersClubブランドロゴの付いたクレジットカードコンビニ決済セブンイレブン
ファミリーマート
ローソン
サンクス
サークルk
ミニストップ
セイコーマート
各コンビニのマークをクリックいただきますとお支払方法をご確認いただけます。Pay-easy決済Pay-easy(ペイジー)Pay-easyのお支払方法
対応金融機関一覧

Step5. 受付番号の受領

入力内容、チェック項目を確認後、「次へ」をクリックすると、Web出願の手続が完了し「受付番号」が発行されます。
「受付番号」は志願票をダウンロードする際に必要となりますので、必ず控えてください。

※「コンビニエンスストアで支払う」「銀行で支払う(pay-easy)」を選択した場合は「払込票番号」や「お客様番号」等が発行されますのでこちらも必ず控えてください。
なお、お支払終了後に送信されるお申込手続完了メールに記載されたURLから志願票発行フォームへアクセスできます。

Step6. 志願票等のダウンロード

「受付番号」「志願者氏名(カタカナ)」を入力後、志願票・写真票を発行します。写真票には事前に準備した写真を貼付欄に糊付けしてください。なお、出願書類の郵送に必要となる【宛名ラベル】をあらかじめ印刷しておくか、志願票発行ページでダウンロードしてください。
※志願票の発行にはお支払が完了している必要があります。
※2日間または3日間受験する場合は、受験回数分の志願票・写真票がそれぞれ必要となります。
※大学入試センター試験利用入試の出願者は、大学入試センターから交付される「平成29年度大学入試センター試験成績請求票(私立大学・公私立短期大学用)」を写真票欄に貼付してください。

Step7. 出願書類の郵送


志願票・写真票の他、入試区分に応じて必要な書類を同封のうえ、簡易書留速達郵便で出願締切日(消印有効)までに郵送してください。

※複数受験する場合、出願書類は同じ封筒で郵送していただいて構いません。

郵送する封筒は以下のいずれかを準備してください。
●入学者選抜試験要項同封の出願書類発送用封筒
●宛名ラベルを貼付した市販の封筒
■送付先〒865-0062 熊本県玉名市富尾888番地
九州看護福祉大学 入試室
Step8. 受験票の到着

出願完了後、受験票を送付いたします。試験会場などをよく確認のうえ、試験当日にご持参ください。

Web出願に関するよくある質問.
紙の出願に比べて、登録が複雑で難しくないですか?Q.入力画面の指示に従って入力していくだけで、スムーズに出願ができます。また、システムが入力をチェックしてくれるので、記入漏れや書き損じの心配もありません。A.Web出願をするのには、プリンターが必要ですか?Q.必要です。登録後に「志願票」を出力して、提出してもらいます。プリンターをお持ちでない方はコンビニの印刷サービスを利用するなど、出願に関する書類をプリント出来るようにご準備ください。A.Web出願はスマートフォンやタブレットでも出来ますか?Q.出願サイトへのアクセス・出願登録はスマートフォンやタブレットでも可能ですが、出願手順の中で郵送時に必要な書類をカラー印刷(A4)する必要があります。したがって本学では、WEB出願には所定の環境が整ったパソコンで手続されることを推奨します。A.メールアドレスを持っていない場合、Web出願できますか?Q.メールアドレスは必要です。仮登録時、出願完了や入金完了時のお知らせメールをお送りするため、メールアドレスを入力しなければ出願登録が完了しないようになっています。なお、送信元(@f-regi.com)の受信を許可してください。A.出願内容を間違えて登録してしまった場合、修正できますか?Q.受験料お支払い前であれば、Web出願サイトから再度登録をし直してください。受験料お支払い後は登録内容の変更はできませんので入試室へお問い合わせください。A.Web出願ではなく、従来の紙での出願も可能ですか?Q.従来の紙での出願も可能です。募集要項が必要な場合は大学に資料請求してください。A.■
出願手続きはコチラ


募集要項・出願書類のダウンロードはコチラ


お申込先・お問い合わせ先.
■九州看護福祉大学入試室〒865-0062 熊本県玉名市富尾888番地TEL:0968-75-1850 FAX:0968-75-1853nyushi[@]kyushu-ns.ac.jp
※メールを発信される場合「[ ]」をはずしてください。


オープンキャンパス


進学相談会


入学検定料と受験上の配慮


入試・入学時によくある質問


過去の入試結果


平成30年度 募集要項・出願書類


Web(インターネット)出願


デジタルパンフレット


アドミッションポリシー


奨学制度


修学支援


出前講義


熊本地震により被災した
受験生への特例措置


入学者選抜試験概要

AO入試

推薦入試

一般入試

センター試験利用入試

社会人入試




九州看護福祉大学

〒865-0062
熊本県玉名市富尾888番地
TEL.0968-75-1800 FAX.0968-75-1811

サイトポリシー
プライバシーポリシー
サイトマップ
交通アクセス
資料請求
デジタルパンフレット
不正防止に関する取り組み
ご寄付のお願い

お問い合わせ
九州看護福祉大学の公式フェイスブック
九州看護福祉大学の公式インスタグラム
九州看護福祉大学の公式ツイッター
九州看護福祉大学の公式ライン

Copyright (c) Kyushu University of Nursing and Social welfare. All Rights Reserved.

[PR]
# by westi1228 | 2017-10-27 10:14 | 大学 | Comments(0)

Web出願(インターネット出願).

九州看護福祉大学の入学者選抜試験では、看護福祉学部すべての入試で、ホームページ上の入力フォームに必要事項を入力するWeb出願(インターネット出願)が可能です。
インターネットの環境があれば、入学者選抜試験要項(願書)を取り寄せなくても、その場ですぐに出願できます。

※願書は不要ですが、調査書など必要書類を郵送する必要があります。

出願手続きはコチラ


募集要項・出願書類のダウンロードはコチラ


便利なWEB出願

[PR]
# by westi1228 | 2017-10-27 10:09 | 大学 | Comments(0)

2018(平成30)年度 入学者選抜試験概要

入学試験の種類及び募集人員

試験区分看護福祉学部
看護学科:社会福祉学科:リハビリテーション学科:鍼灸スポーツ学科:口腔保健学科
介護福祉課程以外:介護福祉課程
AO入試一般枠5名:8名:4名:3名:12名:7名
地域枠5名:6名―3名:3名:4名
推薦入試一般推薦35名:12名:2名:10名:8名:10名
福祉科特別推薦―12名――――
一般入試前期日程:40名:18名:2名:33名:10名:18名
後期日程:5名:2名:2名:3名:2名:3名
センター試験利用入試前期日程6名8名―5名3名6名
後期日程4名:4名―3名:2名:2名
社会人入試:若干名:若干名:―若干名:若干名:若干名
入学定員100名:70名:10名:60名:40名:50名
入学試験の日程・試験会場

試験区分出願期間試験日程合格発表日入学手続締切日試験会場
AO入試一般枠9月11日(月)~9月26日(火)10月1日(日)10月6日(金)10月20日(金)本学
地域枠
推薦入試一般推薦11月1日(水)~11月14日(火)11月19日(日)11月28日(火)12月12日(火)本学
福祉科特別推薦
一般入試前期日程1月4日(木)~1月24日(水)2月1日(木)2月10日(土)一次:2月26日(月)
二次:3月26日(月)福岡・長崎・宮崎・那覇
2月2日(金)北九州・佐賀・熊本・大分・鹿児島
2月3日(土)本学
後期日程2月15日(木)~2月27日(火)3月4日(日)3月9日(金)3月26日(月)本学
センター試験利用入試前期日程1月4日(木)~2月2日(金)-2月15日(木)一次:2月28日(水)
二次:3月26日(月)個別試験は課さない
後期日程2月19日(月)~3月9日(金)-3月16日(金)3月29日(木)個別試験は課さない
社会人入試11月1日(水)~11月14日(火)11月19日(日)11月28日(火)12月12日(火)本学
※締切日消印有効。
※詳細は入学者選抜試験要項にてご確認ください。
オープンキャンパス
進学相談会
入学検定料と受験上の配慮
入試・入学時によくある質問
過去の入試結果
平成30年度 募集要項・出願書類
Web(インターネット)出願
デジタルパンフレット
アドミッションポリシー
奨学制度
修学支援
出前講義
熊本地震により被災した
受験生への特例措置
入学者選抜試験概要
AO入試
推薦入試
一般入試
センター試験利用入試
社会人入試
九州看護福祉大学
〒865-0062
熊本県玉名市富尾888番地
TEL.0968-75-1800 FAX.0968-75-1811
サイトポリシープライバシーポリシーサイトマップ交通アクセス資料請求デジタルパンフレット不正防止に関する取り組みご寄付のお願いお問い合わせ

[PR]
# by westi1228 | 2017-10-27 10:01 | 大学 | Comments(0)

福祉作文コンクール

「第1回福祉作文コンクール」開催のお知らせ.
2017年10月20日
看護福祉学部社会福祉学科の主催にて、九州看護福祉大学開設20周年事業「第1回福祉作文コンクール」を以下の通り開催いたしますので、お知らせいたします。
ぜひ、ご応募いただきますよう、よろしくお願いします。
【テーマ】日常にある“ふくし”や“くらし”について
【タイトルの例】
・「おばあちゃんとわたし」
・「ソーシャルワーカーと出会って」など
【対象】九州内在住の小学生~高校生、一般社会人
【締切】2018年1月10日(火)消印有効
【応募部門】
・小学生の部(約400~800字)
・中学生の部・高校生の部(約800~1200字)
・一般の部(約1200~1600字)
【応募要項】
・400字詰め原稿用紙を使用してください。
・1枚目に学校名・学年・組・氏名・題名、連絡先を、
・2枚目に本文を記載してください。
・未発表作品に限ります。
・提出作文はお返してきませんので、あらかじめコピーするなど控えをお持ちください。
・封筒に「福祉作文コンクール応募作品」と明記し、下記送付先にお送りください
【送付先】
・〒865-0062 熊本県玉名市富尾888番地
九州看護福祉大学 社会福祉学科実習センター内 福祉作文コンクール事務局
電話(直通)0968-75-1874
【表彰式、記念品贈呈】
・受賞者には後日日程等の連絡を致します。表彰式を2018年3月開催の予定です。
・審査後、本学Webサイト上で公開する予定です。
【後援予定】玉名市、玉名市社会福祉協議会、玉名市教育委員会、荒尾市教育委員会、
玉東町教育委員会、長洲町教育委員会、和水町教育委員会、南関町教育委員会
c0388063_1172870.jpg

[PR]
# by westi1228 | 2017-10-24 11:06 | コンクール | Comments(0)

c0388063_1461525.jpg
c0388063_146228.jpg
c0388063_1454193.jpg
c0388063_1452048.jpg
c0388063_145626.jpg
c0388063_1445189.jpg
c0388063_1443634.jpg
c0388063_1441719.jpg
c0388063_1435538.jpg
c0388063_1434361.jpg
学生食堂「ビッグハート」の風景
c0388063_1432724.jpg

[PR]
# by westi1228 | 2017-10-19 14:06 | 学生食堂 | Comments(0)